国際情報

エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション

両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(共同通信社)

両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)

 9月8日、エリザベス女王が死去し世界中から悲しみの声が届けられた。女王の弔問に訪れる国民の大行列が話題になり、19日には国葬がしめやかに執り行われた。世界中の要人たちが参列し、その中で喪服姿のトップレディたちのファッションが注目された。

●天皇陛下(62)、皇后雅子さま(58)
 イタリアの新聞社から「日本の王族は、式典と礼儀の尊重に関しては誰にも負けない」と天皇皇后両陛下のファッションを絶賛された。雅子さまの首元には英王室で喪のジュエリーとされてきたジェット(黒玉)をお召しになり、英王室に寄り添う気持ちが表れている。

キャサリン妃、シャーロット王女

キャサリン妃、シャーロット王女(写真/アフロ)

●キャサリン妃(40)、シャーロット王女(7)
 キャサリン妃が当日身につけていた真珠の4連ネックレスは1975年に日本政府によってエリザベス女王に贈られたもので、受け継いだ。長女のシャーロット王女は、女王が愛した馬蹄モチーフのブローチをつけて出席。式後には顔を覆って号泣する姿があった。

メーガン妃(GettyImages)

メーガン妃(GettyImages)

●メーガン妃(41)
 約2年ぶりに公の場に夫婦揃って姿を現し、英王室との関係改善が図られるかと思われたが、物別れに。メーガン妃が葬儀で涙を流したことに関して、演技なのではとの疑惑も持ち上がった。

ベアトリス王女(GettyImages)

ベアトリス王女(GettyImages)

●ベアトリス王女(34)
 女王の孫で、一般企業での会社員経験も持つ。王女は夫のインスタグラムで「なんと素晴らしい女性。彼女は全世界に類いまれな軌跡を残した。現代のイギリスは彼女の支えのもとに築かれている」と女王の功績を称えた。

バイデン米大統領、ジル夫人(GettyImages)

バイデン米大統領、ジル夫人(GettyImages)

●バイデン米大統領(79)、ジル夫人(71)
 参列した女性のほぼ全員が帽子をかぶる中、ジル夫人が選んだのはまさかのカチューシャ。トーク帽(つばのない帽子)の人が多い中、まさかのファッションで周囲を驚かせた。

マクロン仏大統領、ブリジット夫人(GettyImages)

マクロン仏大統領、ブリジット夫人(GettyImages)

●マクロン仏大統領(44)、ブリジット夫人(69)
 ブラックドレスの上にコートを羽織り、ベールつきのヘッドピースがアクセントに。マクロン大統領就任当初は、24才の“超”年の差夫婦として話題になった。

ジョンソン前英首相、キャリー夫人(GettyImages)

ジョンソン前英首相、キャリー夫人(GettyImages)

●ジョンソン前英首相(58)、キャリー夫人(34)
 胸元が大きく開いている服装と派手すぎる金のボタンが、葬儀にふさわしくないと海外メディアから批判を浴びたキャリー夫人。昨年には第2子を出産している。

アン王女、チャールズ3世(GettyImages)

アン王女、チャールズ3世(GettyImages)

●アン王女(72)、チャールズ3世(73)
 女王の一人娘は軍服姿で参加。波瀾万丈な人生エピソードが多い彼女は、1974年に誘拐未遂事件が発生し、乗っていた車が襲撃を受けた。さらに、2001年にはスピード違反で400ポンドの罰金を科せられた。

ワンチュク ブータン国王、ペマ王妃(GettyImages)

ワンチュク ブータン国王、ペマ王妃(GettyImages)

●ワンチュク ブータン国王(42)、ペマ王妃(32)
 王妃はロングドレスにブラックパールのネックレスを身につけ参列。過去には、夫妻揃って日本を訪問し、皇室とも深い関係を築いている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン