スポーツ

「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)

黙殺が続く坂本勇人の女性スキャンダル(時事通信フォト)

 CS進出を逃し、巨人の今シーズンが事実上終了した。その一方で、巨人・坂本勇人の女性スキャンダルが文春オンラインで報じられ、3週間が経とうとしている。坂本は報道後もスタメンで試合に出続け、CS進出に向けて戦っている。球団は記者会見を開かずに沈黙を貫き、新聞、テレビは一切報じていない。一方で週刊誌、ネットメディアはこのスキャンダルを取り上げ、坂本が試合に出続けていること、球団がペナルティーを科さないことに対して批判的な論調が目立つ。

 テレビ局で他球団の担当を務める30代の男性記者は、坂本のスキャンダルを報じない自社の方針に疑問を感じているという。

「元ロッテの清田育宏がコロナ禍に度重なる不倫デートで契約を解除された時は各メディアが大々的に報じたのに、なぜ黙殺を続けるのか。巨人の担当記者に聞いたら、『坂本のトラブルに触れたら球団ににらまれるだろうし、会社からは活躍した時に取り上げればいいと言われている』とぼやいていました。正直、僕も巨人担当をやれと言われたら……。被害者と示談が成立しているからって沈黙を続けていることに疑問の声があるのは当然ではないか。世間の常識と乖離していると思うし、メディアの側だって『なぜ新聞は巨人を特別扱いするんだ』と叩かれる。その通りだと思いますし、ファンからも見放されますよ」

 新聞、テレビがこのスキャンダルをスルーしていることに、現場の記者からは反発の声が少なくない。40代のスポーツ紙デスクも渋い表情を浮かべる。

「昔は巨人担当に配属されたら花形だったんですけどね……。20代の記者たちは、巨人が『球界の盟主』と言われてもピンとこないらしい。彼らの学生時代はソフトバンクの黄金時代で、巨人が圧倒的に強かった時代を知らない。世代間のギャップは感じますね。大谷翔平や侍ジャパンの選手たちのほうが世間の注目度は高いのに、50代の上司たちの方針で巨人至上主義の紙面を作っている。今回の坂本のスキャンダルも『なぜウチは報じないんですか?』と不信感を募らせている若手の記者が少なくない」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン