ライフ

山田邦子、乳がんを経験して実感したこと「がん治療は長い闘い。先生との相性が大事」

がんは明るく“がん友さん”と笑い飛ばす

がんは明るく“がん友さん”と笑い飛ばす山田邦子

 早期発見すれば90%以上が治るといわれる乳がんだが、罹患したことでショックを受ける人は少なくない──。山田邦子(62才)に乳がんが見つかったのは、2007年3月。健康番組『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学スペシャル』(テレビ朝日系)に出演したのがきっかけだった。

「番組内で、模型を使って乳がんのセルフチェック法を紹介しました。私も実際にチェックしたのですが、そのときに右側のおっぱいの上の方に梅干しの種のようなゴリゴリとしたものがあるのを感じたんです。“これはおかしいぞ”と思い、番組に出演していた女医さんに連絡し、受診したところ、1cm程度の悪性腫瘍があるのがわかりました」(山田・以下同)

 告知を受けたときはショックだったが、医師の意外な言葉に救われたという。

「先生に『あなた、番組に出演して発見したのだからラッキーよ、しかも初期で小さいし、本当によかったわよ』と言われたんです。そして何回も『よかった、よかった』と言われたので、『がんなのによかったのか』と不思議な気持ちになって、なぜか前向きになれたんです」

 さらに1か月半かけて精密検査を行うと、右側の別の場所と、左側の胸にも腫瘍が見つかった。

「先生が『大丈夫』だというから、そこからはもう先生の言われた通りに検査、手術、治療という流れでした。このときに実感したのは、がん治療は先生との相性が大事ということです。がんは手術して終わりではなく、5年、10年と長い闘いになります。だからこそ、先生との相性が大事なんです。私はがんになってから、いろんなところに講演会に行くようになり、相談を受けることもあります。そこでは、『もし先生との相性がいまひとつと思ったら、地域のがん総合相談支援センターに相談すればアドバイスをくれますよ』と必ず伝えています」

 そう明るく話す彼女だが、治療中は心が折れそうになったこともあったという。

「2007年4月、5月と2度手術を受け、傷がきれいになった8月からは、毎日放射線治療に通いました。始めた頃はよかったのですがラスト5日間は夏の暑さもあり、かなり疲れ、『あと3日、あと2日』と自分を奮い立たせました。再発の恐れもありましたし、精神的なバランスを崩して、精神科医の先生にカウンセリングを受けたこともありました。

 そんな中、毎年10月に行われているピンクリボン活動に参加したんです。そこで出会った女性たちは『本当にがんを経験したの?』と思うくらい華やかで明るかった。彼女たちも同じ経験をしているから心強くて、私もパワーをもらって元気に治療を受けることができました」

 がん発見から15年が経ったいまも、再発はない。

「いまも1年に1回の定期検診は欠かせませんし、自分がかかったことで、いろんな先生に話を聞いたりして、最新医療についても勉強しています。ただ、これは持論ですが、明るく笑っていると免疫力が上がって、がんも治りやすい気がするんですね。もちろん気をつけていても、なるときはなりますが、それでも笑って過ごすことが大事かな。だっていまは誰もががんになる時代。自分だけじゃない、仲間はたくさんいると思うと、気持ちも前向きになります」

芸能人やアスリートらとがん体験談や検診の重要性を広める合唱団の団長を務めている

芸能人やアスリートらとがん体験談や検診の重要性を広める合唱団の団長を務めている

●がん闘病の軌跡

2007年3月 健康番組出演中に右側のしこりを発見。番組で共演した女性医師のいる神奈川県の横浜医療センターにて受診。乳がんの可能性が高いと、東京都の聖路加国際病院で詳しい検査を受け、左右の乳房に合計3つのがんが見つかり、ステージⅠと診断される。

2007年4月 聖路加国際病院で摘出手術を受けるも、その2週間後、最初に見つけた右側のがんに思った以上の広がりがあったため、再手術。

2007年6月 乳がんであることを公表。8月から放射線治療を開始。以後、5年間のホルモン療法も行う。

2022年9月現在 再発はなし。年1回の定期検診を受けつつ、自らの経験を生かし、乳がん啓蒙活動を行う。

【プロフィール】
山田邦子/1960年東京都生まれ。1980年芸能活動開始。厚生労働省のがん検診率向上委員を務めるなどがん啓発活動に力を入れる。今年10月12日歌謡ミニアルバム『ザ・山田邦子カーニバル』を発売。

取材・文/廉屋友美乃 イラスト/オモチャ

※女性セブン2022年10月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン