国際情報

習近平主席のポスターに墨汁をかけて逮捕された女性の父親 抗議活動で逮捕され獄死

娘の逮捕に抗議した父親も…

娘の逮捕に抗議した父親も…

 2018年7月に習近平中国国家主席のポスターに墨汁をぶちまけて逮捕された上海在住の女性の父親が、獄死していたことが明らかになった。

 この女性は、習氏のポスターに墨汁をかけ、「習近平は独裁者だ」などと批判したことで逮捕されたが、その後、精神科病院に送られて、消息不明になっていた。娘の逮捕に抗議した父親も警察に逮捕されたが、今年9月下旬に獄内で死亡した。

 親族が遺体安置所で死体をみたところ、全身に殴られたような傷があり、肛門から出血していたという。親族は当局に抗議したが受け入れられず、その翌日、荼毘に付された。中国人権擁護網(CRN)が報じた。

 この父親は董建斌氏で、2018年7月、娘の董瑶瓊さん(当時21歳)が逮捕されたことを知り、すぐに上海に駆けつけ、上海市公安局(警察本部)で娘の釈放を要求。拒否されたが、再三、公安局で抗議行動などをしたことから逮捕され、中国内陸部の湖南省の監獄に収監されていた。

 同省在住の民主化運動活動家、陳思明氏は9月下旬、董氏が9月23日に死亡したと董氏の親族から連絡を受けた。陳氏は、安置所で董氏の遺体と対面、遺体には無数の傷があったことを確認した。その翌日、遺体が火葬されることを知り、陳氏や親族らは火葬場に駆けつけたが、数十人の当局者が陳氏や親族ら6人を拘束し連行、まだ釈放されていないという。

 董氏の死亡を受けて、米国在住の元人権派弁護士・王慶鵬氏はツイッターで当局への批判キャンペーンを開始し「民主化活動家など中国共産党局と意見が異なる人々への弾圧を止めるためには国際的な関心が必要だ」などと訴えている。

 一方、娘の董瑶瓊さんは逮捕後、精神科病院に1年半の間、強制入院され後、釈放されたが、引き続き当局の監視下にあり、現在では消息不明となっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン