国内

岸田政権を歴代短命政権と比較 海部内閣に酷似、森、宮沢、鳩山とも共通点

岸田内閣と過去の短命政権との共通点は?(右から海部俊樹氏、宮沢喜一氏、森喜朗氏/時事通信フォト)

岸田内閣と過去の短命政権との共通点は?(右から海部俊樹氏、宮沢喜一氏、森喜朗氏/時事通信フォト)

「政権の寿命」を見る指標が内閣支持率だ。過去の短命首相には、「支持率20%」ラインで退陣したケースが多い。しかし、岸田文雄・首相は就任1年以内に総選挙と参院選を乗り切ったことで、解散・総選挙さえ打たなければ今後2年間は国政選挙はない。国民が選挙で首相を交代させることはできない。

 そのため、自民党内には、「どんなに支持率が下がっても、低空飛行で政権は続くのではないか」(閣僚経験者)という見方があり、岸田首相も国民の批判を楽観的に考えているようだが、そうは問屋が卸さない。

 岸田内閣には過去の短命政権との共通点が数多くあり、先行きを暗示しているからだ。歴代の短命総理がどのように政権を追われたか、岸田首相との共通点を探りながら辿ってみる。

 政権の成り立ちも置かれた状況もそっくりなのが海部俊樹内閣(1989~1991年)だ。

海部俊樹内閣(1989~1991年/時事通信フォト)

海部俊樹内閣(1989~1991年/時事通信フォト)

 海部首相は就任してしばらくは高い支持率だったが、実態は竹下登・元首相と金丸信・元副総理という実力者の傀儡政権だった。政治生命を懸けた政治改革(小選挙区制導入)が自民党の反対で潰されると、海部首相は「重大な決意」と解散を口にするが、自民党から解散権を封じられ、引きずり下ろされるように退陣した。

 岸田首相も就任当初は高支持率で、実態は麻生太郎・副総裁、安倍晋三氏という実力者の影響が強かった。安倍氏の死後、政権の命運を懸けて「旧統一教会の解散手続き」を進めようとしているが、岸田首相の教団解散の方針に自民党内の抵抗が予想される状況もそっくりだ。政治評論家の有馬晴海氏が語る。

「これまで旧統一教会への解散命令請求に消極的だった岸田首相が、突然、質問権行使を指示したことで、自民党内の教団融和派からは『旧統一教会の活動は去年と変わらないのに、なぜ今になって解散させるのか』と批判され、逆に教団追及派からは『なぜ、今まで消極的だったのか』という批判の声が上がっている。これで党内を抑えられなくなれば、海部総理のような状況に置かれる可能性はあるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン