国際情報

【フォトレポート】ロシアとの進まぬ領土交渉の象徴 廃墟と化した日本最東端「オーロラタワー」の盛衰

誰も訪れる人がいないオーロラター。

オーロラタワーに観光客の姿はなく、かつての賑わいは想像できない(撮影/山本皓一)

 ロシアの実効支配下にある北方領土。そこから最も近い場所である北海道・根室市の納沙布岬には、対岸の北方領土を眺めるための望遠鏡が設置された施設がいくつかある。なかでもひときわ目を引くのは1987年竣工の巨大な白塔「オーロラタワー」(望郷の塔)だ。日本船舶振興会(現・日本財団)の会長を務めた笹川良一氏が、北方領土返還運動の一環として建設した高さ96メートルの塔の展望台は、国後島や歯舞群島を一望できる根室観光の目玉だった(開業時の名称は「笹川記念平和の塔」)。「日本の国境」を30年以上にわたって撮影している報道写真家・山本皓一氏が、今年6月に現地を訪れた時の様子を写真とともにレポートする。

 * * *

 これまで何度もオーロラタワーを訪れ、展望台から歯舞諸島や国後島を撮影してきたが、今回は人の気配はなく、入り口には「休館」を知らせる貼り紙が掲示されていた。呆然とタワーの前に立ち尽くしていたところ、近くを通りがかった地元の住民が「ずっとクローズが続いてますよ」と教えてくれた。新型コロナの感染拡大が始まる直前の2020年元日の営業を最後にタワーは休館しており、再開のメドはたっていないという。

 タワー入り口の天井の一部は崩落し、横のレストランに至っては建物自体が崩れ、廃墟同然になっていた。広い駐車場に車は1台もなく、舗装されたアスファルトの継ぎ目から伸びた雑草は、そのまま放置されている。

 まるで、手詰まり状態の北方領土問題を象徴するかのような光景である。

 一般の日本人がノーチェックで行ける範囲でいえば、納沙布岬は「日本領土の最東端」。つまり、日本で最も早く“初日の出”を拝める場所だ。

「御来光見物の客が来る元日だけ営業して、春になったら営業を再開するパターンだった。でも、2020年にコロナが始まってからはもうダメさ。エレベーターも長いこと動かしてないから危ないでしょ。それにしても、この先どうするんだろうね……」(前出の住民)

 開業初年度は約30万人の来訪者があったというが、リピーターが見込めるような施設ではなく、近年の入場者数は年間数千人にとどまっていたという。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン