国際情報

【フォトレポート】北方領土へ泳いで渡航、拘束後にロシアへ抗議文を突きつけた「1977年の網走五郎」伝説

「網走五郎」こと渡辺尚武氏。写真は尖閣諸島・魚釣島に手漕ぎボートで渡航した際のもの(本人提供)

「網走五郎」こと渡辺尚武氏。写真は尖閣諸島・魚釣島に手漕ぎボートで渡航した際のもの(渡辺氏提供)

 2021年8月、国後島に住むロシア人男性、ワードフェニックス・ノカルド氏(当時38歳)が泳いで北海道・標津町にたどり着き、日本政府に亡命を申請した事件が話題となった。それとは逆に、北海道から北方領土に泳いで渡った日本人男性が45年前にいたことをご存じだろうか。彼にインタビューした報道写真家・山本皓一氏がレポートする。

 * * *

 北方領土に泳いで渡った男の名は「網走五郎」こと渡辺尚武氏。現在79歳で、沖縄でボクシングトレーナーを務めている。

 北海道出身の渡辺氏は、1963年に札幌市内の高校を卒業後、大学受験するも2度失敗。進学を諦めて上京し、多くの世界王者を輩出した協栄ジムに入門した。だが、裸眼視力が悪く、プロボクサーとなるための受験資格を満たすことができなかった。

 失意の渡辺氏は“言葉の錬金術師”の異名で知られる劇作家・寺山修司氏が主宰する前衛劇団「天井桟敷」に入る。北海道にちなんだ「網走五郎」の芸名を寺山氏から授かったものの、その寺山氏と衝突して3年で退団してしまう。その後は、全国各地をアルバイトしながら旅する生活を続けていた。

 1977年7月、納沙布岬に立った32歳の渡辺氏は、霧の向こうにぼんやり見える北方領土を眺め、こう思ったという。

「俺と似ている……」

 社会から疎外され続けるばかりの自身の半生と、日本から切り離されたまま歳月が過ぎていく北方領土が重なって見えたのだろう。そして驚くべき行動に出る。ウエットスーツを着込んだ渡辺氏は、納沙布岬から7キロ先の水晶島を目指して泳ぎ始める。目的は、ソ連に北方領土返還を求めることだった。それは、自身の人生を取り戻すための行動でもあったという。

 白昼堂々と泳ぎ始めた渡辺氏の姿は、すぐに根室航路標識事務所の職員に発見され、通報を受けた海上保安庁は巡視艇「はまなみ」を現地に急行させる。だが、渡辺氏は日本とソ連の中間線を突破し、納沙布岬から約3.7キロにある貝殻島付近で座礁したまま放置されていた日本の刺し網漁船に辿り着き、そこで休憩を始めた。

「はまなみ」はその姿を確認したものの、すでにそこはソ連が実効支配する海域のため、手出しできない。渡辺氏は持っていた日の丸の旗を振るなどのパフォーマンスを演じたが、間もなく後方からやってきたソ連の警備艇に取り押さえられ、連行されてしまう。

 だが、拘束されることも最初から想定していた渡辺氏は、あらかじめ用意していた「抗議文」をソ連政府の役人に手渡した。それはこんな書き出しで始まっていた。

〈私は単身、泳いで日本からやって来た網走五郎と言う者です。年齢は三十二歳。私は貴国に亡命したくてやって来たのではありません。北方領土返還の抗議に来たのです。歯舞・色丹・国後・択捉の四島は日本固有の領土です。早急に返還して下さい〉

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン