国際情報

【フォトレポート】ロシアによる「ビザなし交流」一方的破棄から3か月 訪問者の宿泊施設「ムネオハウス」の現在

2004年の“ムネオハウス”。ビザなし交流に同行した筆者もここに宿泊した(撮影/山本皓一 2004年)

2004年の“ムネオハウス”。ビザなし交流に同行した筆者もここに宿泊した(撮影/山本皓一 2004年)

 ロシアによるウクライナ侵攻は、日露関係にも多大な影響を引き起こしている。西側諸国と連携した対露経済制裁への“報復”として、プーチン政権は北方領土を含む極東地域で軍事演習を活発化させ、さらには1992年に始まった「ビザなし交流(北方四島交流事業)」の一方的な破棄を通告した。その「ビザなし交流」の象徴が、国後島に建てられた“ムネオハウス”である。日露が“断絶状態”を迎え、施設はどうなっているのだろうか。ビザなし交流に同行取材したことのある報道写真家・山本皓一氏の写真とともにレポートする。

 * * *

 北方領土はロシアではクリル諸島(千島列島)の一部とされ、行政区分としてはサハリン州に属する。ウクライナ戦争勃発後、同州の州都ユジノサハリンスクに渡航した日本人ビジネスマンが語る。

「もう2年半もムネオハウスに日本人は誰も来ていない。そのため、今はもっぱらモスクワなどから訪れるロシア人旅行者向けの宿泊や、地元住民のイベント会場に使われていると聞きました」

 国後島の主要都市である古釜布に1999年、75人を収容できる2階建ての宿泊施設が完成した。正式名称は「日本人とロシア人の友好の家」だが、日本では“ムネオハウス”の通称で知られている。

 総工費4億円超の施設の発注元は外務省だが、当時自民党の衆議院議員だった鈴木宗男氏(現在は日本維新の会所属の参議院議員)が外務省に大きな影響力を持っていたことや、同氏の地元・根室の建設業者が工事を受注していたことなどから、現地では「ムネオ先生が建ててくれた家」と認識されていた。それが“ムネオハウス”と呼ばれる所以だ。

 施設は「ビザなし交流」における訪問者の宿泊や、日本の政治家による現地視察など、日本人関係の行事で多用され、ある時期まで施設の入り口には日本語で「鈴木さん、あなたは私たちの友達です」と書かれたボードが掲げられていた。

 だが、2002年に鈴木氏に関する様々な政治疑惑が火を噴き、鈴木氏は有罪判決を受ける。それによって“ムネオハウス”も利権の象徴として槍玉にあげられた。だが、施設が取り壊されることはなく、“ムネオ色”を薄めながら使われ続けてきた。

「竣工から20年以上になりますが、近年まで頻繁に利用されていました」

 そう語るのは国後島への渡航取材経験がある全国紙記者だ。

「2006年にカニかご漁船『第31吉進丸』がロシア国境警備隊に銃撃されて甲板員1人が死亡した際、連行された船長ら3名はムネオハウスに拘束されました。もちろん『ビザなし交流』の宿泊場所としてもずっと使われていて、2019年に交流事業に同行していた丸山穂高・衆議院議員(当時)が、『戦争しないと領土は戻らない』『女性のいる店で飲ませろ』などと発言して大問題となったのも、ムネオハウスでの出来事でした」

 2019年10月には、日本とロシアのパイロット事業として位置づけられた、初の「北方領土観光ツアー」が実施され、日本から観光客や政府関係者ら44名が国後島に渡航。そこでも“ムネオハウス”が宿泊先に指定された。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト