国内

《みだらなパーティ主催者逮捕》「500円で代わる代わる」参加者が明かした月13回“大人のイベントカレンダー”の存在

イベント概要が書かれた画像

イベント概要が書かれた画像

 11月8日、東京都内でみだらなパーティーを繰り返し主催していたとみられるグループが摘発され、男女5人が警視庁に逮捕された。警視庁によれば、沢村雅也容疑者、小山麻代容疑者ら5人は今年7月、JR新大久保駅近くの民泊施設を借りてみだらな行為をするための場所として使わせた疑いがもたれているという。全国紙記者が語る。

「5人は都内の一軒家の民泊など18か所で、月15回ほど定期的に“大人のパーティー”を開催していたとみられています。沢村容疑者は『毎回20人から60人が参加していた』と容疑を認め、10年間でおよそ6億5000万円を売り上げたとのことで、イベントには『バスツアー』もあったということです」

 5人はSNSで「はじめての幸せな時間を都内某所にて!」「この機会に女優さんと遊びませんか? いちまんえん」などの告知を行ない、男性客を募集していた。イベントの告知をするTwitter、LINEなどのSNSには1か月のスケジュールが書かれたカレンダーが共有され、『パーティー』『同人撮影会』『温泉会』『熟女会』などのイベントが月計12~13回並んでいた。

 会社員・岩田さん(仮名、30代男性)は昨年秋に2度、小山容疑者が主催するイベントに参加したという。

「仕事柄出会いがなく“嬢がいるお店”には通っていたのですが、素人感を体験したいと思いTwitterで調べるようになりました。すると『大人のパーティー』というような文言のアカウントをよく見るようになり、今回摘発された主催者のパーティーの告知にたどり着きました。会場は新宿のビジネスホテルだったのですが、なんと参加費が500円だったんです。

 しかしいざ会場につくと、男は6~7人いたのに対して女の子は1人だけでした。その女の子は20代くらいでしたけど、ふくよかな地味な女性であまり性的な魅力は感じられなかった。僕は唖然としてしまい、他の男たちが代わる代わるその女の子にがっつき食いついているのを眺めるばかりでした。

 その後行った2度目のイベント会場で、『月に何回もイベントやってるからまたきてね』と気さくに話しかけてくれたのが、今回摘発された小山さんでしたね」

 会社員で既婚者の吉田さん(仮名・41歳)は11月8日、問題となったパーティに「もともと行く予定でした」という。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン