国際情報

韓国・梨泰院での雑踏事故 「事故を懸念する事前報告書」も無視した警察幹部たちの呆れた危機意識

2022年10月29日、韓国の首都ソウルの梨泰院でハロウィンの混雑の中で群衆雪崩が発生(AFP=時事)

2022年10月29日、韓国の首都ソウルの梨泰院でハロウィンの混雑の中で群衆雪崩が発生(AFP=時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、ハロウィンを前に韓国の梨泰院で起きた雑踏事故について。

 * * *
 韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)の雑踏事故をめぐり、11月8日、特別捜査本部が韓国警察トップの執務室などを一斉捜索していると報じられた。ソウル各地では追悼集会が行われ、中心部では数万人規模の市民が抗議活動を行ったという。次々に明るみに出る警察の不手際に唖然とするが、これは不手際というより、もはや事故を防げなかった警察による人災でないかと思えてくる。

 現場を管轄する龍山(ヨンサン)警察署の李林宰(イ・イムジェ)前署長は、業務上過失致死傷などの疑いで立件された。事故直後に現場に到着したと状況報告書に記載されていたが、虚偽報告の疑いがある。普通に考えれば、容疑者の虚偽を暴き見破るのが警察の仕事だし、監視カメラの映像が証拠として出てくることなどわかるだろうが、警察のメンツや自己保身に走ったのだろう。

 実際に到着したのは事故発生から1時間近くが経った後で、現場近くの監視カメラに、手を後ろに組んでゆっくり歩く李署長の姿が映っていたのだ。誰がどう見ても、その歩き方からは切迫感も危機感も感じ取れない。大事故が起きたという認識がないのだ。さらに後ろ手という仕草には地位や権力を誇示したいという心理が含まれていると言われる。

 そもそも到着が遅れたのは、歩ける距離にある飲食店にいたのに、車で移動することにこだわったためらしい。渋滞だったためぐるりと迂回することになり、時間がかかったのだ。李前署長にとっては、仕事への義務や責任感より自己顕示欲を満たすことの方が重要だったのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト