芸能

朝ドラが好評の永作博美 「スタッフも共演者も全員虜にする」関係者が語る魅力

永作博美(写真右)の魅力を共演経験のある俳優が語る(『舞いあがれ!』の公式スタグラムより)

永作博美(写真右)の魅力を共演経験のある俳優が語る(『舞いあがれ!』の公式スタグラムより)

 数多くの名作に出演し、さまざまな難役を演じ分ける女優・永作博美(52)。観る者を捉えて放さない永作の存在感について『人のセックスを笑うな』の井口奈己監督、共演経験がある大御所俳優・柄本明らが語った──。【前後編の後編。前編から読む

 連ドラデビューはフジテレビの『陽のあたる場所』(1994年)。恋人の暴力で流産するホステスという難役だったが、永作は熱演。以来、どんな役も厭わない“たたき上げ”として、キャリアを積み上げていった。

 そして2008年公開の『人のセックスを笑うな』で、37歳にして初めて映画主演を果たす。永作は年下の生徒(松山ケンイチ)を翻弄する美術学校の講師・ユリ役だった。同作でメガホンを取った井口奈己監督が語る。

「原作の小説ではユリはもう少し年上の設定なので、最初は40代の女優さんを探していました。しかし、オファーした女優さんたちは、年齢的にお母さん役など落ち着いた役柄を演じることが多く、タイトルに『セックス』という言葉が入っているために“イメージが崩れてしまう”と敬遠されてしまった」

 制作側で話し合い、主演女優の年齢を下げて探していくなかで永作の名前が挙がったという。

 初の座長となる現場だったが、永作は落ち着いていたと井口監督は話す。

「撮影中に役に入り込みすぎて重苦しい雰囲気を作る役者もいるなかで、永作さんはフレンドリーで制作陣に負担をかけない。人との距離感の掴み方や現場の雰囲気作りが上手です。ご実家がイチゴ農園ということもあり、現場にイチゴを差し入れてくれた時は女性スタッフが感激していました。

 撮影では永作さんの演技に合わせてユリを形作るなかで、小悪魔的なキャラクターになった。松山さんはユリに夢中になる役柄だったこともあり、撮影外でも『ユリ大好き!』という思いを爆発させていましたね(笑)。スタッフも共演者も全員虜にする女優でした」

 井口氏は永作を「運動神経のいい役者」と評す。

「撮影台本を書いた段階で最初の脚本とはテイストが異なるものになったのですが、永作さんは『全然違うじゃ~ん』と言いつつも、それを面白がって撮影に臨んでくれた。役者としての運動神経がいいんです。“この場面でこの人物はどんな気持ちか”なんて野暮な質問は一切しない。カメラを向ければこちらの意図を超える表現をしてくれる。

 印象的だったのが、劇中でリトグラフ(版画の一種)を刷るシーン。高度な技術が必要とされる作業ですが、永作さんは少し指導を受けただけで上手くできた。指導してくれたプロの先生も驚いていました」(井口氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン