スポーツ

巨人がFA補強で全滅危機 長野久義、松田宣浩を獲得も他球団からは「怖くない」の声

今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)

今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)

 来季のV奪回に向け、秋季キャンプを行なっている巨人。シーズン中は厳しい表情を浮かべる姿が目立った原辰徳監督だが、巻き返しに向けて活力を取り戻している。

 11月10日、球団公式インスタグラムのライブ配信に登場。「(インスタライブを)見ている人にニュースを投げかけちゃおうかな」と語ると、「近いうちにね。かなりのベテランの野球経験を持っていて、ジャイアンツにはとても必要な戦力として、新たな選手を近いうちに発表しようと計画しています」と予告した。大久保博元打撃チーフコーチが「まだもったいないじゃないですか、監督」と選手の名前を出すのを止めると、「もちろん若い力も大事だけど、経験値を持ったね、ベンチでの一声、あるいは不調にチームがなっている時の一振りが非常に重要なことでね」と力説した。

 選手名は公表しなかったが、ソフトバンクを今季限りで退団した松田宣浩であることは明らかだった。翌日、球団は松田獲得を公表した。

 巨人を取材するスポーツ紙記者は、オフの補強戦略について声を潜める。

「松田はソフトバンクの戦力構想から外れた選手です。チームを改革する上でそのキャラクターは必要かもしれませんが、戦力としては過度な期待はできません。長野久義も無償トレードで戻ってきますが、若手が台頭する広島で出場機会を減らしていた。2人のネームバリューは凄いですが、もうレギュラーを張れる選手ではない。それよりFA戦略が全滅危機であることが深刻です。獲得に向けて調査していた阪神・西勇輝が残留を決断。西武・森友哉もオリックスが優勢です。大型補強が巨人の代名詞だったが、このオフは苦しい状況です」

 西を獲得できれば、阪神の戦力を削いで先発ローテーションの軸になる投手が1枚増えるはずだったところ、「阪神残留」はセ・リーグの勢力図にも大きく影響する決断だった。ただ、FA補強がチーム強化に直結するとは限らない。巨人は山口俊、丸佳浩、梶谷隆幸と他球団の主力をFAで獲得してきたが、移籍後に輝きを放ち続けている選手は多くない。2020年オフにDeNAからFAで加入した井納翔一は在籍2年間でわずか1勝に終わり、今オフに戦力構想から外れた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト