国内

【未成年淫行の獄中で急逝】「トー横のハウル」が語っていた自身の過去「子供のために尽くしたい」、歌舞伎町21歳女性は「複雑な思い」

「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)

東京拘置所で亡くなった小川雅朝被告が、過去に語っていたこととは(本人の公式Twitterアカウントより)

 今年6月、東京・歌舞伎町の「トー横」(新宿東宝ビル横)と呼ばれる一角で知り合った16歳の少女にみだらな行為をしたとして、警視庁に逮捕・起訴されていた小川雅朝被告が、東京拘置所の自室で死亡していたことがわかった。小川被告は自らを「ハウル・カラシニコフ」と名乗り、昨年冬ごろから「歌舞伎町卍會」の代表として炊き出しなどの活動をしていた。一方で、新宿区の自宅で少女に淫行を働いた容疑で、今月22日には東京地裁で初公判が予定されていた。

 昨年12月中旬、直前に発生した歌舞伎町ビル殺人事件をきっかけに、「トー横」にたむろする行き場のない少年・少女がメディアに大きく取り上げられた。ちょうどその時期、広場に訪れる記者に積極的に声をかけ、「トー横の窓口」になっていたのが「ハウル」こと小川被告だった。小川被告は当時の本誌の取材に対し、自作のパスタを振る舞いながら自分の“夢”を流暢に語っていた。

「ここは、未成年ってわかってて女の子に援交の話を持ちかける、ロクでもないクソみたいな大人が多すぎるんですよ。そんなヤツらをオレら(歌舞伎町卍會)は“出禁”にしてるんです。『来んな!』みたいな。拳でわからせることも全然あるし、おかげでこのあたりマジで平和になりました。

 オレ、生まれた時から両親いなくて、孤児院で育ったんですよ。中学校にもいかずに、その日暮らしで会った人に泊めて貰ったりしてなんとか生きてきたんで、居場所ない子供の気持ちが痛いくらいわかる。

 今はお世話になってる人のもとでスミ師(入れ墨師)やってるんですけど、将来は孤児院の院長になりたい。オレ子供が大好きなんです。最高の孤児院建てたら、子供を抱く母子像の入れ墨入れたいですね。オレはもう1回すでに死んだような人間だから、あとは子供のためになることに尽くしたいっす」

 取材班にそう答える小川被告の横では、家出中と見られる少女が発泡酒の缶にストローをさし、「ハウル~」と甘えた声を出していた。

 しかし、語られた壮大な夢と彼の実態はかけ離れていたようだ。警視庁少年育成課によると、小川容疑者は少女が18歳未満とわかっていながら、20回前後みだらな行為に至ったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン