芸能

松原千明さん、ハワイで急逝 昨冬に妊娠中のすみれと2年ぶり母娘対面を果たしていた

すみれと会うこともあった

昨冬はすみれと2年ぶりに会っていた松原千明さん(写真は松原さんのfacebookより)

《真っ暗で、どこにも進めない。どこからも光が差してこない。もう何もやりたくない。これまで生きてきてそう感じたことが何度もありました》──かつて著書にこう記した松原千明さんが今秋、急逝していたことが分かった。

 1997年にアメリカ・ハワイに移住し、日米を行き来して芸能活動を行いながら、四半世紀にわたってハワイで生活してきた松原さん。その最期はどんな様子だったのか。

 ハワイ・ワイキキ。燦燦と輝く太陽が、ビーチを楽しむ人々の顔に照りつける。コロナ禍で減少していた観光客も戻り、陽気で明るい“常夏の楽園”は賑わいを見せていた。そんな喧騒から少し離れた閑静な住宅地に立つヴィンテージマンション。高層階からはハワイの美しい夕陽や海を一望できる。

 このマンションに現地の警察官が騒々しく駆け込んだのは、今年10月8日のことだった。ここに住む日本人女性が急死したというのだ。マンションの住人が語る。

「ミズ・バウワーは亡くなったよ。薬のオーバードーズ(過剰摂取)が原因だと聞いている。自殺か事故かはわからない。彼女はずっと体調が悪く、部屋に引きこもっていたようだからね。すでに荷物は家族が引き取って、別の場所に運び出されている」

 不慮の死を遂げたミズ・バウワーの本名は、チアキ・バウワー。女優の松原千明さん(享年64)のことである。

 松原さんは1958年、京都生まれ。父は時代劇俳優、母は宝塚歌劇団卒業生という芸能一家に育ち、1980年にカネボウのキャンペーンガールとして芸能活動を開始。同年公開の映画『地震列島』で女優デビューした。その後はテレビドラマを中心に活躍し、1988年からは人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)の初代秘書役を務めた。

 明朗活発なイメージの松原さんが世を賑わせたのが、元夫・石田純一(68才)との結婚と離婚騒動だ。

「2人は7年間の交際期間を経て1988年に結婚し、1990年に長女のすみれさん(32才)が生まれました。しかし幸せな日々は長く続かず、1996年に石田さんの不倫が発覚して夫婦関係が破綻。石田さんが『不倫は文化だ』騒動で世間から大バッシングされて、翌1997年に松原さんはすみれさんを連れて逃げるようにハワイに移住し、1999年に夫婦の離婚が成立しました」(芸能関係者)

 ハワイに渡って四半世紀。当初、松原さんは広さ約150平方メートルの超高級コンドミニアムに住んでいたが、近年は暮らしをダウンサイズしていたようだ。彼女が住んでいたのは築50年近いマンションの一室で、広さは約63平方メートル。愛犬のボストン・テリアとともに暮らしていた。今年4月に長男を出産して母になったすみれは、息子と引き換えるかのように母を失ってしまった。

 愛する母の突然の死から1か月。すみれは現在も茫然自失の状態で、音信不通が続いているという。

「すみれちゃんは仕事の予定をすべてキャンセルし、頻繁に更新していたSNSのうち、お母さんのことや生まれたばかりの子供のことなど、家族に関するものはほとんど削除してしまった。それにLINEで彼女に連絡しても返事が来ないどころか、既読にすらならないんです。みんな彼女の精神状態を心配しています」(すみれの知人)

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン