芸能

新田真剣佑のイベントに眞栄田郷敦登場、熱い抱擁で不仲説一蹴 兄弟で父・千葉真一さんの墓参りも

不仲説を一蹴

不仲説を一蹴

《26年前にサンタモニカの病院で産声をあげた日をいまでも昨日のことのように覚えています。ママはまっけんが笑ってくれればいい。元気で生きてくれれば、それだけで充分です》──会場で母親の手紙が読み上げられると、この日の主役である新田真剣佑(26才)は照れ笑いを浮かべながらタオルで涙を拭った。

 11月16日、真剣佑の誕生日に都内で行われたファンミーティング。サプライズが起きたのはイベント終了直後のことだった。参加したファンが明かす。

「会場が暗転した途端、舞台袖から弟の郷敦さんが花束を持って現れたんです。映画やドラマでも共演したことのない兄弟のツーショットに客席は大盛り上がり。多忙なスケジュールを縫って駆けつけてくれたことに感激した真剣佑さんは『すごい!』『うそでしょ』とステージの上を飛び跳ねていました」

 プロのサックス奏者を目指していた真剣佑の弟・眞栄田郷敦(22才)が、役者に転向したのは約3年前。兄の出演作を見て感銘を受けたことがきっかけだったという。2人の息子が自分と同じ道に進んだことを誰よりも喜んだのは、昨年8月に亡くなった父親の千葉真一さん(享年82)だった。一家の知人が振り返る。

「千葉さんは、お子さんたちに役者をやれと言ったことは一度もありません。郷敦さんが役者の道に進むか迷っているとき『やってみよう』と背中を押したのは真剣佑さんです。郷敦さんは千葉さんのもとで厳しい修業の日々を送り、発声練習の基本からみっちり叩き込まれていました」

 独特な雰囲気を持つ演技派の俳優として頭角を現した郷敦は、今年も立て続けに話題作に出演している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン