スポーツ

中日・立浪監督「主力放出トレード」で進めるチーム改革 師匠・星野仙一氏の影響と決定的な違い

チームの大改革を勧めている中日・立浪和義監督(時事通信フォト)

チームの大改革を勧めている中日・立浪和義監督(時事通信フォト)

 就任1年目の今年、セ・リーグ最下位に終わった中日の立浪和義監督が積極的に動いている。不動のセカンドであった阿部寿樹と楽天・涌井秀章、昨年までショートのレギュラーだった京田陽太とDeNA・砂田毅樹の交換トレードを成立させた。2019年から二遊間を組んできた2人の放出でチーム改革を図っている。

「立浪監督は師と仰ぐ星野仙一監督のやり方に倣っていると思います。星野監督は就任した1986年オフにロッテの三冠王・落合博満を獲得しただけでなく、翌年オフにはチームの顔で37歳の大島康徳内野手、30歳の曽田康二投手を放出し、日本ハムから27歳の田中富生投手、33歳の大宮龍男捕手を獲得した。また、1986年に盗塁王に輝いた32歳の平野謙外野手を出して、西武から通算15勝しか挙げていない25歳の小野和幸投手を迎え入れた。トレード当時は疑問視する声もありましたが、小野は中日1年目に18勝で最多勝になり、星野監督の胴上げに大きく貢献しました」(プロ野球担当記者。以下同)

 星野監督は優勝した1988年オフにも、セ・リーグで初めて捕手でMVPを獲得した中尾孝義と巨人のエースだった西本聖、若手の加茂川重治の1対2の交換トレードを成立させるなど、在任中全ての年で血の入れ替えを行なっていた。1996年からの2次政権中も、1998年オフに大豊泰昭と矢野輝弘を放出し、阪神から関川浩一と久慈照嘉を獲得して翌年の優勝に結びつけている。

「チームに緊張感を与える意味もあったのでしょう。立浪監督は星野監督の2年目に入団し、新人王になって優勝に貢献した。大半の指揮官は現役時代に仕えた監督に影響を受けますが、立浪監督も星野流を引き継いでいると言えるでしょう。今年5月には、京田の守備に怒って試合中に強制送還を命じて二軍落ちさせた。“恐怖政治”も似ています。

 ただ、星野監督は2011年から楽天を率いた時には、中日の指揮を取っていた頃と違い、穏やかになっていた。時代によって選手の気質は変わる。その辺の空気を読む力があったので、2013年に楽天を日本一にできたのでしょう。立浪監督は中日時代の星野監督のような厳しさを全面に出していますが、少なくとも今年の成績を見る限り、そのやり方はまだ成功しているとは言い難い」

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン