ライフ

【書評】『中国パンダ外交史』珍獣から大国の代表へ、中国現代史の意外な一面

中国パンダ外交史/著・家永真幸

中国パンダ外交史/著・家永真幸

【書評】中国パンダ外交史/家永真幸・著/講談社選書メチエ/1760円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

『anan(アンアン)』という雑誌がある。1970年に創刊された。今もつづいている。その誌名は、パンダの名前に由来する。

 こう書くと、いぶかしがられようか。東京の上野動物園にパンダがやってきたのは1972年である。日中国交正常化のシンボルとして、中国からとどけられた。日本にパンダブームがおこったのは、その後である。『anan』が発刊されだした時に、まだその熱気はない。しかも、おくられたパンダはカンカンとランランだった。アンアンではない、と。

 アンアンは、当時のモスクワ動物園にいたパンダである。これに『anan』はあやかった。そのころ、モスクワのアンアンはロンドン動物園のチチと、交配がためされている。二頭の子が生まれるかどうかも、国際的な話題となっていた。まあ、誌名にチチでなくアンアンをえらんだのは、響きの良さを買ったせいだろう。

 モスクワのパンダは、中ソ対立が激化する前に贈呈されていた。ロンドンのそれは、共産中国を英国がはやくからみとめたことへの返礼にほかならない。

 世界で最初にパンダブームがおこったのはシカゴである。探検家のルース・ハークネスが、1936年にアメリカへつれかえった。これがブルックフィールド動物園で飼育されることとなり、人気をよんでいる。ぬいぐるみをはじめとする関連グッズも、たくさん製造された。日本でのブームに、36年もさきがけて。

 もっとも、そのころは中国の人びとも、パンダの魅力に気づいていなかった。奥地の珍獣としてしか、あつかっていない。だが、欧米での評判を知り、やがては外交面でも利用するようになる。中国人じたいの象徴としても、位置づけだした。

 この本は、パンダの処遇が中国外交史とともに推移する様子を、とらえている。政治のみならず、野生動物保護の国際的な潮流とかかわる側面も、あらわした。現代の世界史が、意外な角度から見えてくる。

※週刊ポスト2022年12月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン