芸能

中島みゆき新作レコーディングに“隠居状態”の吉田拓郎が参加 スタジオで起きた奇跡

中島みゆきのレコーディングに吉田拓郎がサプライズ

中島みゆきのレコーディングに吉田拓郎が参加

 約2年半の沈黙を経て、中島みゆき(70才)が活動を再開した。精力的に楽曲制作を続ける一方で、かつて憧れたフォークのカリスマには引退の時期が迫っている。「少しでも長く」と彼女が取った行動で奇跡が起きて──。

「みゆき、元気だったか!」。」都内の音楽スタジオの廊下に、吉田拓郎(76才)の声が響いた。満面の笑みで吉田を出迎えたのは、中島みゆきだ。2人は互いに歩み寄り、久しぶりの再会に熱いハグを交わした。

 11月11日、吉田は自身のラジオ番組『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、中島のニューアルバムのレコーディングに参加したことを報告した。吉田は年内での音楽活動からの引退を表明しており、集大成となるラストアルバムを6月に発売。完全に“隠居モード”だった彼が、突然発表したレコーディング参加は、ファンを驚かせた。冒頭はレコーディング直前の様子だが、2人が交わしたハグは奇跡の序章だった──。

 2人の出会いは50年前に遡る。吉田は1970年にデビューすると、またたく間に若者のカリスマとして人気を獲得。多くのファンが吉田に熱狂したが、中島もそのひとりだった。

「デビュー前の中島さんは、筋金入りの“拓郎ファン”でした。1972年に中島さんの地元・札幌市で開催された音楽イベントに拓郎さんが出演したのですが、当時大学生だった中島さんは、アルバイトとして参加しています。そのときに2人は楽屋で挨拶を交わしているんです」(音楽関係者)

 この頃、アマチュアで音楽活動を始めていた中島は、吉田の曲を熱心にカバーしては、その独特な字余りの節回しを真似ていた。吉田に遅れること5年。中島も1975年にデビュー。同年12月にリリースした2枚目のシングル『時代』が大きな話題を呼び、一躍人気歌手の仲間入りを果たした。その後、中島も音楽シーンを牽引する存在となったが、憧れた吉田と深く交わることはなかった。

 2人の関係に変化が訪れたのは、1994年に吉田が中島の『ファイト!』をチャリティーイベントでカバーしたことがきっかけだった。

「拓郎さんは中島さんのデビュー以降、彼女が作る歌詞に注目していました。“中島みゆきの歌詞は、文学のジャンルでも薫り高い作品として評価される”と周囲に話していたほどです。1994年は拓郎さんが引退を考えたほどスランプに陥っていた時期で、メッセージ性の強い歌詞が拓郎さんに響いたといわれています」(前出・音楽関係者)

 そして翌年、吉田は驚くべき行動に出る。関係者を交えて都内のレストランで中島と会い、楽曲の制作を依頼したのだ。

「“おれには『ファイト!』のような曲が作れない。遺書のような曲を作ってほしい”と依頼したそうです。その言葉から“引退”を感じ取った中島さんは、自分が作った曲を最後にしないという条件で楽曲の制作を引き受けたそうです。そして完成させたのが、『永遠の嘘をついてくれ』(1995年)なんです。その歌詞は、スランプ状態にあった拓郎さんに向けた言葉だともいわれているんです」(前出・音楽関係者)

 吉田は納得いくまでレコーディングを繰り返し、名曲を誕生させた。翌年には、KinKi Kidsとの音楽バラエティー『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)が始まり、新境地を開拓。見事にスランプから脱出し、復活を果たしたのである。つまり、中島は吉田の1度目の引退危機を止めた、恩人と言えるのだ。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン