活動を“再開”した中島みゆき(写真は2020年)

みゆきに合わせてコーラスを入れよう

 一方の中島は2020年1月に「ラストツアー」と銘打った全国ツアーをスタートさせた。しかし、新型コロナの影響で翌月に中止を発表。以降、表立った活動から遠のいた。2021年3月に吉田がラジオ番組で引退の意向を明かすと、活動休止状態の中島にも引退を心配する声があがった。

 だが、中島は今秋から活動を再開。9月からオンエアされたサントリーのコーヒー『BOSS』のテレビCMに出演すると、翌月には12月14日に通算47枚目のニューシングルを3年ぶりにリリースすると発表。さらに一部メディアの直撃取材に、来年の2?3月発売の予定でニューアルバムのレコーディングをしていると答えた。

 このアルバムが、冒頭、吉田がラジオ番組で明かしたもの。吉田が中島のレコーディングに参加するのは、これが初めてだ。吉田によれば、2010年に放送された吉田のラジオ番組に中島がゲスト出演した際に、中島のバックバンドとして演奏すると約束したことがきっかけだという。

「今回、中島さんサイドがオファーしたのは、当時の約束だけが理由ではないでしょう。拓郎さんの引退宣言に寂しさを感じている音楽関係者は多く、中島さんもそのひとり。少しでも長く一緒に音楽シーンにいてほしい、という思いで、すでに“隠居状態”だった拓郎さんを、熱烈なラブコールで引っ張り出したイメージです」(別の音楽関係者)

 吉田も、彼女の「思い」を酌み取ったようだ。吉田は自身の独特なシャウトにこだわりを持っていたが、近年は思うように声が出せなくなった。それが引退を決断した理由のひとつとされている。そのため、レコーディングの参加はギター演奏のみの予定だった。

「スタジオでレコーディングが進む中で奇跡が起こったんです。ギターを弾いていた拓郎さんが突然、“みゆきのボーカルに合わせて、バックコーラスを入れたい”と提案したんです。拓郎さんのきれいな歌声は健在で、周囲は“もっと聴いていたい”“引退はさせたくない”という思いになったようです。その思いを誰より強く抱いたのは、拓郎さんの背中をずっと追ってきた中島さんでしょう」(前出・別の音楽関係者)

 吉田は冒頭のラジオ番組で、レコーディングの後に中島から直筆の手紙をもらったことを明かした。その手紙には、次のような一文が綴られていたという。

《颯爽としたお姿もつやつやのお声もお変わりなく、うれしく、安心いたしました》

 これが吉田の最後の歌声となるのか。2人の友情が奏でる“エンディングテーマ”はきっと美しいだろうが、だからこそ惜しい。

※女性セブン2022年12月8日号

 

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン