芸能

松本潤、大河初主演で岡田准一や小栗旬から助言 撮影現場の雰囲気作りにも尽力

うな重の差し入れをしキャストやスタッフを喜ばせたという

小栗旬や岡田准一から助言を受けたという

 ミラーボールのような七色の光の先にあるのは、ダンスステージ……ではなく何台も並んだアツアツの鉄板とコンロ。その上で焼かれる極上の肉は、食欲をそそるにおいと音でお腹を刺激する。鉄板の前に立つのは、松本潤(39才)だった。これは10月、来年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の撮影現場での一幕だ。同ドラマのスタッフが明かす。

「その日は、差し入れの一覧表に『焼き肉弁当』とあったので食事の時間を楽しみにしていました。どんな豪華弁当にありつけるのかと思っていたら、まさか松本さんが即席の焼き肉店を作ってしまうなんて! ミラーボールまで用意して特設会場も作っていました。座長として、現場の雰囲気作りにまで気を配っているんだと感じました」

 クランクインは今年6月。序盤は地方でのロケが中心だったという。

「愛知県内の海岸や、静岡県浜松市の展望台、ほかにも茨城県でも泊まりがけのロケが行われました。そういったときも、スタッフ全員での食事の機会を松本さんが作ってくれたことがありました。徳川家臣団のように、キャストとスタッフが一丸となって撮影が進んでいます」(前出・ドラマスタッフ)

『どうする家康』は、小国・三河の岡崎城主、松平広忠の息子として生まれた家康が、乱世を終わらせるまでを描く物語だ。群雄割拠の戦国時代を描くだけあって、キャスティングも豪華の一言。織田信長を岡田准一(42才)、武田信玄を阿部寛(58才)、今川義元を野村萬斎(56才)が演じるほか、家康の側近・酒井忠次役には大森南朋(50才)が名を連ねている。

「特に、松本さんの事務所の先輩で、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務めた岡田さんに助言をもらうことがあるそうです。時代劇では、現代とは違う独特な所作をマスターしなければなりません。例えば、歩くときに手を振らないとか、立ち上がるときは絶対に手をつかないとか。大河の主役となれば、なおさら完璧な所作が要求されますから、かなり気を使っているようです」(前出・ドラマスタッフ)

 物語序盤の舞台となる静岡県や愛知県内は、すでに大きな盛り上がりを見せているという。

「東海地方限定のポスターが11月初旬から各所に貼られ始め、松本さんが訪れた浜松城にはファンが押し寄せています。来年1月8日の初回放送日には、松本さんらキャストが1日で静岡県静岡市と浜松市、愛知県岡崎市の3か所を訪れるイベントの開催も告知されました。スタート前から大きな期待が集まっています」(NHK関係者)

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト