スポーツ

まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)

「解説・本田圭佑」を楽しむため、視聴者が事前に知っておくべきことは何か──。サッカーW杯カタール大会、日本がドイツを2対1で破った1次リーグ・グループEの初戦、インターネットテレビ局『ABEMA』ではW杯日本人最多得点を誇る本田圭佑氏(36)が解説を務め、的確な状況分析や戦術の提案などで好評を博した。本田氏は続くコスタリカ戦、スペイン戦でもABEMAで解説を務める予定だが、本田氏の解説のどんなところが視聴者に受け入れられたのか。ライター・岡野誠氏が、ドイツ戦での本田氏の発言内容を精緻に分析し、そのポイントを探った。

 * * *
 本田圭佑氏による日本対ドイツ戦の解説で、特に話題になったのは、本田氏と面識のない選手に対する「さん付け」だ。一方、長らく日本代表で同じ釜の飯を食った旧知のプレイヤーには「ユウト(長友佑都)」「ゴンちゃん(権田修一)」と下の名前やニックネームを使用していた。

 では、その頻度や割合はどの程度だったのか。実際に数えてみると、本田氏は試合中に日本選手の名前を延べ108回呼んでいる。大きく分ければ前半41回(38.0%)、後半67回(62.0%)となる。選手名を挙げる時の傾向は主に2つあった(以下、分数はABEMAの画面表示に従う)。

【1】フォーメーション説明や戦術提案のために用いる

例1:後半19分、「(右サイドに)左利きの選手を置くと、たぶん(左サイドの)三笘さんのスペースの使えると思います」「堂安さんとかがそれできるんで」と提案。その7分後、森保一監督が堂安律をピッチに送り出す。

例2:後半28分、「ほら、ズーレが穴なのよ、わかる? もっとそこ狙っていけって」とドイツの弱点を指摘。その直後に南野拓実が投入されると、「これあるかもしれないですね。ズーレのところ、拓実と三笘さんとうまく使えば。拓実はね、ズーレの周りをちょこちょこするといいと思います」と提案。2分後、三笘が左サイドからドリブルで仕掛け、ペナルティエリア内の南野にスルーパス。南野が中に折り返してキーパーが弾いたところに堂安が詰め、同点ゴールが生まれた。

【2】日本のチャンスやピンチの前後

例1:前半7分、伊東純也のクロスに前田大然が飛び込み、ネットを揺らすもオフサイド。「これね、前田さん(オフサイド)ライン見れたでしょ! 見られへんかったのかな」と指摘。

例2:後半37分、板倉滉のロングパスから浅野拓磨が逆転ゴールを決める前後には「チャンス! きた~! よ~し! きたぞ!! 拓磨!!」と絶叫した。

「それ、佑都もっと下がらなあかん」(後半7分)のように注意する場面もあったが、ほとんどは上記の2つのシーンに集約された。

 本田氏は、今までなんとなくW杯を見ていた層がサッカーの面白さに目覚めそうなほど、今ピッチ上で起きていることを明確に分析していた。投入すべき選手や相手の弱点を指摘し、その直後に同点ゴールが生まれるというミラクルもあった。サッカー解説者は数多いるが、素早く的確に現状の問題点を説明し、ポジションの修正や交代案など具体的な打開策を挙げられる人は珍しい。

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン