スポーツ

九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ

大相撲の歴史上でも珍しい15戦全敗を喫してしまった照強(時事通信フォト)

大相撲の歴史上でも珍しい15戦全敗を喫してしまった照強(時事通信フォト)

 大相撲九州場所は12勝3敗で並んだ貴景勝、高安、阿炎による優勝決定巴戦に。優勝したのは西前頭9枚目の阿炎だった。7月の名古屋場所の逸ノ城、9月の秋場所の玉鷲に続く3場所連続の平幕優勝となるのは史上初のこと。年間を通じて平幕優勝3回も初めてのことだった。そうしたなかで、もうひとつの「異例の事態」が起きていたが、NHKの相撲中継では奇妙な“気まずい空気”が流れたのだった。

 九州場所は千秋楽を終え、2022年の大相撲は幕を閉じた。57勝で年間最多勝となったのは関脇の若隆景。年6場所制となった1958年以降で関脇以下が年間最多勝となるのは1960年の大鵬、1992年の貴花田、2019年の朝乃山以来3年ぶり4度目。横綱、大関で最多の勝ち星を挙げたのが貴景勝の50勝だった。

 この1年、横綱・大関が責任を果たしていなかったことを示すデータばかりだが、カド番大関の正代が負け越し、大関を陥落した御嶽海が復帰できなかったことで、来場所は1横綱、1大関の異例の番付となる。さらに平幕優勝が続く可能性もある。

 そうしたなかで巴戦まで優勝がもつれた千秋楽で、注目された一番がある。幕尻の東前頭16枚目・照強の取組である。豪快な塩まきで館内を沸かせる人気力士だが、今場所は初日から黒星続きで、千秋楽も逸ノ城に上手投げで敗れて15戦全敗となった。

 一場所で15戦全敗は過去4人しかいない不名誉な記録だが、NHKの相撲中継ではアナウンサーが「過去に前例がないわけではありませんが……」と言葉を濁し、正面解説の北の富士氏は「全勝より(全敗は)ずっと難しいからね。ショックだろうね」と話すにとどまった。向正面解説の舞の海氏は、15戦全敗についてのコメントがなかった。

 それには理由があるとみていい。31年前に1991年名古屋場所でこの記録を作ったのが、八百長の仲介役「中盆」として知られた板井圭介氏(2018年死去)だったのだ。板井は年寄・春日山を襲名する予定だったが、協会が襲名を認めず廃業となっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン