スポーツ

原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声

今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)

今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)

 岡本和真が来季の主将に就任し、新たなスタートを切る巨人。原辰徳監督は元巨人・岡崎郁との対談で、今オフは資金面の余裕から来年に向け戦力補強に打って出る考えを明かしている。FA市場こそ静観したが、トレードで補強策に動く可能性が十分に考えられる。

 スポーツ紙デスクは今季の巨人の弱点をこう語る。

「救援陣がウィークポイントです。守護神・大勢につなぐ勝利の方程式が確立できなかった。現状では鍬原拓也、今村信貴、高梨雄平、畠世周、右肘のクリーニング手術から実戦復帰を目指す平内龍太で回すことになるが、シーズン通じて成績を残した選手が少なく心許ない。中継ぎが不安定なチームは下位に沈む。5年ぶりのBクラスに沈んだのも当然でしょう」

 トレードは出血覚悟で敢行しなければ、ピースにハマる選手を獲得できない。セリーグ球団の編成担当は、こう語る。

「巨人は素材の宝庫です。他球団からの評価が高い選手が多く、ウチもトレードで欲しい選手がいる。話題に上るのは岸田行倫です。彼はいい捕手ですよ。ファームでくすぶっているのがもったいない。大城卓三、小林誠司がいるため1軍に定着できていませんが、攻守のバランスが良く捕手としての能力は高い。配球術を叩きこめばレギュラーで十分に活躍できる。

 もう1人は松原聖弥ですね。今年は打撃不振で1軍に定着できなかったが、自分のスタイルに迷いが生じているように見える。外野の守備と走塁は1軍でも高水準のレベルだし、打撃もパンチ力がある。指名打者制のパリーグで1番、もしくは9番で起用するのが面白い。松原は他球団に移籍したほうが輝けると思います」

 岸田は2017年ドラフト2位で巨人に入団。同年のドラフト3位が大城だった。「強打の捕手」として知られ、報徳学園の時は高校日本代表で同学年の岡本とクリーンアップを組んでいる。プロ入り時から将来の正捕手と嘱望されたが、入団から4年の月日が経った現在もレギュラー奪取の道が遠い。山瀬慎之助、喜多隆介と若手も台頭していることで、存在感が薄くなっている。今季スタメンマスクを被ったのはわずか5試合だった。ファームでは攻守で高いパフォーマンスを見せているだけに、このまま伸び悩んでいるのがもったいない。

 今年のFA市場は捕手が大人気で、森友哉が西武からオリックス、伏見寅威がオリックスから日本ハム、嶺井博希がDeNAからソフトバンクにそれぞれFA移籍した。正捕手を失ったDeNA、西武を筆頭に即戦力の捕手が欲しい球団は少なくない。岸田がトレードで交換要員になることは十分に考えられる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン