芸能

松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”

ヒロミと松本伊代

ヒロミと松本伊代

 タレントの松本伊代(57)がバラエティ番組『オオカミ少年』(TBS系)の収録中に腰椎を圧迫骨折する重症を負った。TBSの発表によると、11月24日に行われた同番組の収録で、クイズコーナーで不正解となった松本がスポンジ状のクッションが敷かれた落とし穴に落下した際、腰を痛めて病院で全治3カ月と診断されたという。

 同局は「怪我をされたことに対し、松本伊代さんをはじめ関係者の皆さまにお詫び申し上げます」と謝罪。「安全対策に努めておりましたが、このような結果となり、大変申し訳なく思っております。今後、同様のことが起こらないよう、番組制作に際しての安全管理をさらに徹底してまいります」とコメントした。TBS関係者が語る。

「落下直後の伊代さんは、しばらく立つこともできないほどだったそうです。現在もまだ痛みが残っているらしく、2週間ほどの予定で入院中です。伊代さんは体が細く、昨年にもヨガで背骨を圧迫骨折するケガをしたばかりでした」

 松本は昨年7月に〈三週間程前に、お恥ずかしい話なのですが、運動中に無理な体勢をして、背骨を圧迫骨折をしてしまいました〉とInstagramで発表していた。その際は入院せず自宅療養で済んだが、火曜レギュラーを務める『よ~いドン!』(関西テレビ)などを欠席した。

『センチメンタル・ジャーニー』で、日本レコード大賞をはじめ多数の新人賞を受賞(写真/女性セブン)

松本は『センチメンタル・ジャーニー』で、日本レコード大賞をはじめ多数の新人賞を受賞(写真/女性セブン)

火傷は体の21%に及んで

 実は、松本の夫であるタレントのヒロミ(57)も、過去に収録中に大怪我を負っている。1991年8月19日、当時26歳で飛ぶ鳥落とす勢いだったヒロミは、背中などに大やけどを負う事故に見舞われた。当時を知るテレビ局関係者が語る。

「深夜番組『1or8』(フジテレビ系)は、“イチかバチか”という番組タイトルの通り、体を張った過激な企画を売りにしていました。ヒロミさんは千葉県の九十九里浜で『花火で人間は飛べるか』という企画に挑戦し、背中に約1万本のロケット花火を背負いました。しかし、いざ本番で点火すると、突然の強風に煽られてロケット花火の火が大きくなり、ヒロミさんが着ていたレーシング用ウエアに燃え移ってしまったのです。

 スタッフが慌てて消火しましたが、ヒロミさんは腰や両足に全治1カ月の大やけどを負って入院しました。背中から両脚まで皮膚移植が必要なほどの重傷で、退院は当初の予定より長引き、2カ月後でした」(当時を知るテレビ局関係者、以下同)

 こちらの企画はヒロミ自身が発案したものだった。そのため、本人もテレビ局側を激しく責め立てるような気持ちにはならなかったようだ。雑誌のインタビューでは、“自業自得”という言葉を使って事故を振り返っている。

〈だから自業自得ですよね。実際に発射台に行ってみたら、ちょっとこれはヤバいかも、とは思いましたけど。~(中略)~真皮まで達する重傷で、火傷は体の21%にも及んだので、治るまで結構時間がかかりました。ガーゼの交換が痛いの何のって。僕には何かの節目でこういうことが起きるんです。神様が戒めてくれているのかも〉(2016年9月18日『サンデー毎日』のインタビューより)

 しかし、2006年、またしてもフジテレビの番組出演中にヒロミをあわやの出来事が襲う。

「『めちゃ×イケてるッ!』のイケてる世界新記録のコーナーで、坂の上から落ちてくる丸太を避けていたヒロミさんは、待ち受けていた格闘家のチェ・ホンマンに投げ飛ばされて、セットに体を強打しました。オンエアはされたものの、ヒロミさんは楽屋で番組責任者に激怒したといいます。それ以来、10年近く同番組には出演しませんでした」

 体を張った企画の危険性を身をもって知る立場として、妻の事故にも心を痛めているようだ。

「ヒロミさんはやけど事故以来、危険な企画には慎重な姿勢を取っています。コメントこそ出していませんが、伊代さんのケガもとても心配しています」

 くれぐれもお大事に。

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン