芸能

『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに

福原遥

主演の福原遥

 満を持しての登場だった。NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』は、福原遥(24才)演じるヒロイン・岩倉舞の幼少期を描いた「五島列島編」、大学生時代の「なにわバードマン編」を経て、「航空学校編」が11月21日からスタート。新キャストとして注目されているのが、舞の航空学校の同期生・柏木を演じるSnow Man・目黒蓮(25才)だ。

 現在放送中のドラマ『silent』(フジテレビ系)で中途失聴者となった青年・佐倉想役を好演し、話題を呼んでいる。このドラマでは手話での演技がメインで声を発しないため、彼の声が新鮮に感じられる視聴者も多いだろう。

 目黒は初の朝ドラ出演に、ひたむきに臨んでいたという。

「撮影現場が好きなのか、超多忙にもかかわらず、自分が映らないカットでも福原さんの芝居を見学していました」(撮影スタッフ)

 彼の出演で上昇気流に乗るとみられていた本作だが、思わぬ逆風にさらされている。前作の朝ドラ『ちむどんどん』では、なりふりかまわぬヒロインの性格や、性急にも思える展開に批判が殺到し、SNS上で視聴者による振り返りである“反省会”が行われるのが通例となっていた。だが、10月に『舞いあがれ!』が始まると、SNSでの批判はぴたりとやんだ。登場人物の心の機微や、人間関係を丁寧に描いた完成度の高い作品だったからだ。

「ところが、『航空学校編』から明らかに様子が変わってしまい、SNSでは“反省会”が再び盛んになりました。脚本家がメインの桑原亮子さんから嶋田うれ葉さんに交代したことが原因のひとつではといわれています」(テレビ局関係者)

 著書に『ネットと朝ドラ』(blueprint)があるライターの木俣冬さんによれば、「放送期間が半年間に及ぶドラマの脚本をひとりで担当するのは激務。分担制もあっていい」というが、違和感を覚えている視聴者がいるようだ。

 例えば、これまでとは打って変わって、登場人物の性格がオーバーに描かれている。思慮深かったはずの舞は、独善的な性格に激変。柏木も、過剰なまでのツンデレキャラとして描かれている。

「人間の心の機微を丁寧に描いてきた桑原さんの脚本との落差が、視聴者にハマっていない印象です。わかりやすさを重視しているのかもしれませんが、登場人物の掘り下げよりも、段取りを優先しているようにみえます」(木俣さん・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン