芸能

俳優・野仲イサオが語る“60代の壁” 『鎌倉殿』出演が決まる直前「役者引退を考えていた」

(C)NHK 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

(C)NHK 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか 日曜20時〜)

 12月に入り、クライマックスを迎えるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。宿老13人の1人である官人・二階堂行政を演じ、脚本の三谷幸喜が主宰した劇団「東京サンシャインボーイズ」に数多く客演してきた名バイプレイヤーの野仲イサオさん(63)が、役作りの過程や放送されなかった“幻のシーン”など撮影秘話を明かすとともに、60代前半の役者が直面する“壁”を語った。

「僕が演じる二階堂行政という人物は歴史的な記述があまりなく、どのような性格の人なのかもわかりません。ただ、貴族階級ですから、貴族風に役を演じようと考えていました。ところが、最初のセリフのあるシーンが、議論の最中に小刀を卓上にバーンと突き刺して『なし崩し、どさくさまぎれは悪政のもとじゃ!』と怒声を発する場面だったんですよ。僕、悩んでしまいましてね」(野仲さん。以下同)

 議論中に貴族がいきなり刃物を卓上に突き立てる、しかもそれを頼朝の弟(範頼)に向かってやることに戸惑いを感じたと振り返る。

「僕的に役柄を考え、貴族でこんなことやるのはよほど大変なことだから、やむを得ずと伝わるよう、しなをつくるような所作をにじませて『え、ええいっ、悪政のもと…じゃぁ』と声が裏返る感じで演じました。悪役俳優として人気を博した成田三樹夫さんが貴族を演じた時(NHK大河ドラマ『新・平家物語』の藤原頼長役)の甲高い声色でのイメージもあったので(笑)」

 しかし、現場からは「範頼をにらみつけて」と演出の指示が飛んできたという。行政としての初めてのセリフは、その後のキャラクターの方向性を決定付ける。野仲さんは慎重だった。

「貴族の役柄上、あの演技はどうなんだろうという話になり、次の日、プロデューサーと監督が三谷さんに連絡し、役柄について仰ぐと、三谷さんは“鉄面皮で”と答えそうです。三谷さんにはこれまで乱暴者で気遣いができない人間の役をよくいただいていたので、“鉄面皮で”と聞いて、『ああ、今までと変わらない役なんだ、普通どおりにやればいいんだ』と迷いがなくなりました。それで鉄面皮の演技に戻したんですが、放送を見ると、小刀を突き立てるシーンはカットになっていました(笑)」

「考えすぎたことが裏目に出てしまった」とクランクイン時の思い出を語る野仲さんだが、セリフの覚え方もユニークで、役者魂を見せつける。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン