スポーツ

《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)

自撮りする岡本容疑者(インスタグラムより)

 人気格闘家の那須川天心や武尊の直筆サイン入りポスターを偽造して、インターネットオークションの落札者から現金約10万円をだまし取ったとして、兵庫県警垂水署は12月5日、岡本璃奈容疑者(28)を詐欺の疑いで逮捕した。岡本容疑者は「ぱんちゃん璃奈」のリングネームでキックボクサーとして活動し、「KNOCK OUT」や「RIZIN」に参戦していた。

 岡本容疑者は2019年2月にプロデビュー。身長165センチの長いリーチから繰り出すキックを武器に、デビュー以来13戦13勝(2KO)という輝かしい戦績を打ち立てた。人気の秘密は、そのルックスにもある。

「ぱんちゃんの容姿は、芸能界でも通用するレベルです。小学6年生のとき、AKB48の第1期生オーディションを受けて、最終選考まで進みました。しかも最終選考で不合格になったわけではなく、本人が辞退したそうですから、アイドルになっていた可能性も十分にありますね。今年6月に出版された初写真集『虹色ぱんちゃん』(ジーオーティー)も好評です」(格闘ライター)

 岡本容疑者とは、一体どんな人物だったのか? 大阪府豊中市の出身で、学生時代は水泳と陸上に打ち込んだ。しかし、ケガをきっかけに高校を中退。バイトを転々とし、コンパニオンやモデルの仕事などで食いつないだ。

「バイトはどれも1か月ほどしか続かなかったそうです。ぱんちゃん本人が『愛想がいいから面接は通るけど、あまりにミスが多くてシフトがだんだん減っていく』と笑い話的に語っていました。カラオケ店や居酒屋など、なんと40個ものバイトを経験しましたが、パチンコ店の仕事はわりと好きだったそうです。『彼氏の影響でパチンコにハマっていたから』とのことです」(前出・格闘ライター)

 うだつの上がらない日々が続いていたが、上京後にフィットネス目的で始めたキックボクシングにのめり込み、今に至る。実力とルックスを兼ね備えた選手として人気を誇り、メディアでは明るい笑顔を振りまいていたが、意外な一面もあったらしい。

「格闘技関係者からのぱんちゃんの評判はさまざまです。SNSやYouTubeで見せる姿と違って、普段は不機嫌なときが多くて近寄りがたいこともあるそうです。ある関係者は、『ぱんちゃんは、いつも怒っている』とこぼしていました……」(別の格闘ライター)

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン