ライフ

伊集院静さんが語る“旅先で出逢ったガラクタたち”への愛 「小さいものは、いいんです」

“旅先で出逢ったガラクタたち”への愛を語った伊集院静さん

“旅先で出逢ったガラクタたち”への愛を語った伊集院静さん

 国内外を問わず、旅をし続けてきた作家・伊集院静さんは、旅先から持ち帰った品々を愛情を込めて「ガラクタ」と呼ぶ。伊集院さんに、その“小さな宝物”たちへの思いを聞いた。

「ガラクタって、いらないものみたいに見える言葉ですけど、漢字を当てると『我楽多』で、自分が楽しむ愛しいもの、の意味になります。今年出した小説『ミチクサ先生』の中で、少年時代の夏目漱石が陰でガラクタ呼ばわりされて、母親が『気にすることなんかないよ』と取りなす場面を書いています。小説のタイトルに使おうと思っていた大事な言葉でもあるんです」

 そう語る伊集院さんは、全日空の機内誌「翼の王国」に「旅行鞄のガラクタ」を連載してきた。旅先から持ち帰った小さなものをめぐる旅の記憶をつづるエッセイだ。伊集院さんの前には、グラフィックデザイナーの長友啓典さんが「おいしい手土産」を連載していた。盟友だった長友さんが急逝し、その跡を引き継いだかたちだ。

「長友さんはぼくの仲人でもあります。お仲人さんが非常に大事にしていたページということで、お仲人さんが『手土産』だったから、ぼくは『ガラクタ』ぐらいがいいんじゃないかな、と決めました」
 
 今回、その連載をまとめたエッセイ集『旅行鞄のガラクタ』の刊行を記念して、東京・神保町の小学館ビル1階ロビーで「ガラクタ」の実物を一部展示したイベントも開催されている。並んでいるのは、ニューヨークのヤンキースタジアムで急に雨に降られて買ったレインコートや、中国・重慶の川原に転がっていた石、スペインの歓喜の丘で拾ったマツカサなどだ。

 一年の半分近くを旅に出ていたこともある伊集院さんだが、お土産は買わないそうだ。

「お土産を買うとね、家族が次は何を買ってくるかしらって期待してしまうから、買っちゃだめなんだよ(笑)」

 最初に旅先から持ち帰ったものは、画家ジョアン・ミロが少年時代を過ごしたスペイン・モンロッチの農園に落ちていたエンドウ豆のさやだった。

「ミロのアトリエのそばに大きい豆の木があって、そばに落ちていた豆です。まだ青かったけど、ヨーロッパを回っているうちにだんだん黒くなってきて。検疫の関係で、植物を持ち帰ることはできないから、定宿のホテルにしばらく置いておいたんです。そうしたら段々黒くなってつやが出て、これはいいなと思ったので仙台の自宅に持ち帰りました」

 深いしわの寄ったエンドウ豆は黒光りして、アーティストが切り出したオブジェのよう。

 エンドウの木は少年時代からミロにとって特別なもので、「創造の宇宙への梯子」だったと本人が述懐している。『農園』という作品にも描かれ、しかもこの絵を買ったのが、若き日のヘミングウェイ、というところまで伊集院さんの文章は広がっていく。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン