芸能

《闘病休養中》「もうじき帰ってきます」30年来の友人・笑福亭鶴瓶が語った中居正広の病状と今後

30年以上の付き合いがある鶴瓶と中居

30年以上の付き合いがある鶴瓶と中居

「中途半端にテレビに出て、またしんどなって休むより、しっかり休んだほうがええ。番組は俺がやるから」──病気で休養中の中居正広(50)にそう思いを伝えていたのは36年来の付き合いになる笑福亭鶴瓶(70)だった。NEWSポストセブンの取材に鶴瓶は心配する中居との出会い、カメラが回ってない時の素顔、そして現在の様子について打ち明けた。

 デビューから35年。歌手、役者、MCとしてアイドルの枠に捉われない道を歩んで来た中居。SMAP解散後も一線で活躍する中居の身体に異変が起きたことがわかったのは、2022年7月16日のこと。急性虫垂炎を発症し、入院したことを公表後、10月15日に一旦はテレビ復帰を果たした。11月4日に再び約1か月の活動休止を宣言したものの、12月2日には年内いっぱい休養することが発表された。

 12月11日に放送された『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2022』(フジテレビ系)に休養中の中居がVTR出演すると、以前よりも痩せたように見える姿に対して、ネットでは心配する多くの声が上がった。

 2022年11月4日配信された古館伊知郎のYouTubeで鶴瓶は中居不在で収録が行われた『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系・以下『世界仰天』)について、

《中居にずっと任せている方がやりやすいと思って。その癖がついてしまった》《中居にどうしたらええのん? って聞いてね。20年あの番組やってるんでけど、一言だけメールが来ました。「そろそろ覚えてください」って》

 と不安を吐露していた。

 2001年に放送が始まった『世界仰天』で22年間ともにMCを務めてきた中居と鶴瓶。番組当初49歳だった鶴瓶の年齢を超えた中居だが、出会いは中居14歳、鶴瓶35歳の時だった。

 鶴瓶本人が、当時のことを振り返ってこう語った。

「中居のことは10代のときから知ってる。『歌謡びんびんハウス』(テレビ朝日系)からSMAPとの付き合いが始まって、中居は当時からしゃべりは上手かったけど、まだ司会のしゃべりではなかった。でも、すごく物事を考えていて、俯瞰でものを見ることができる。賢いし読書好きで、中居は10代のときからSMAPをどう売るかを意識していた。SMAPみんな優しかったけど、特にツートップの木村拓哉と中居は優しい印象があるわ」

 中居は親しみを込めて鶴瓶のことを“べーさん”と呼ぶほど、心を開いている。プライベートでもゴルフ仲間で、鶴瓶の古希祝いには70万円の高級ブランド鞄を贈っている。2016年にはともに熊本地震の被災地を極秘訪問して、アイスクリームを配って歩いたことも。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン