グラビア

新人王ゴルファー・川崎春花が初グラビアに挑戦「今日のスコアは10アンダーかな」

人生初グラビアに挑戦した新人王ゴルファー・川崎春花

人生初グラビアに挑戦した新人王ゴルファー・川崎春花

 昨シーズンはルーキーながらメジャー大会制覇を含む2勝を挙げ、見事「新人王」に輝いた川崎春花(19)。二十歳を迎える今年はさらなる高みへと向かう飛躍の年。そんな川崎が晴れ着姿で 人生初グラビアに挑戦した──。

「今日のスコアは10アンダーかな」

 初のグラビア撮影を終えた川崎はそう白い歯を見せた。

「緊張というより恥ずかしかったけど、慣れてくると楽しかったです。着物も初めてだったし、初のハイヒールも歩きづらかったですが(笑)」

 昨年9月に国内メジャー「日本女子プロゴルフ選手権」を最年少で優勝。翌月にはあっさり2勝目を挙げた。

「終わってみると賞金ランキングも10位以内に入れて、想像をはるかに超える1年でした」

 ただプロテストには一発合格したものの、レギュラーツアーへの優先出場順位を決めるQTでは62位、下部ツアーからのスタートだった。推薦枠でレギュラーツアーにも出場したが、3週連続予選落ちとプロの洗礼を受けた。

「どん底でしたが、そこで自分のゴルフを見直すことができた。私のゴルフスタイルはアグレッシブに攻めることだと気が付いたんです。それが右ピンなのにグリーン真ん中を狙うような守りのゴルフになっていた。“結果はどうでもいいから、攻めるゴルフを貫こう“と原点に帰ったんです」

 その結果、8月に下部ツアーで初優勝。その後の爆発に繋がっていった。

 試合中はクールに見えるが、意外にも性格は「大雑把、適当、マイペース」だと言う。ひりつく試合の癒やしについては「飼っているチワワの“ゆず”と自宅のソファでボーッとしている時間が至福の時ですね」と19歳らしく答えた。

「両親はもちろん、スタッフ、友達、ゴルフ部の後輩たちに支えられたルーキーイヤーでした。一緒にプロテストに受かったプロとは同志として切磋琢磨していきたいですね」

 女子ゴルフは若手の活躍が目覚ましいが、川崎らは「U20世代」と呼ばれる。下の世代にも有望株がひしめくが、それも力に変えたいと語る。

「1年間通してモチベーションを保ち続けるためにも、今年の目標は年間女王のメルセデスランキング1位です。応援よろしくお願いします!」

【プロフィール】
川崎春花(かわさき・はるか)/2003年生まれ、京都府出身。大阪学院大学高3年時の2021年に全国大会個人優勝、同年11月のプロテストに一発合格。2022年8月に下部ツアー「山陰ご縁むす美レディース」で初優勝。翌9月のメジャー「日本女子プロゴルフ選手権」では大会最年少でレギュラーツアー初優勝。10月には「マスターズGCレディース」で2勝目を飾った。獲得賞金9205万円(8位)、メルセデスランク15位。村田製作所所属。158cm、51kg。

撮影/藤岡雅樹 取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2023年1月13・20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン