国内

なぜ政治家は与党・自民党を目指すのか 元立憲のアイドル・今井るるさんの騒動から考える

2022参院選で、今井瑠々さんは立憲民主党の候補者を応援するために東京へと駆けつけている(撮影:小川裕夫)

2022参院選で、今井瑠々さんは立憲民主党の候補者を応援するために東京へと駆けつけている(撮影:小川裕夫)

 ふだんならさほど話題にならない岐阜県議会議員選挙が話題だ。2021年衆院選で岐阜5区に立憲民主党から出馬した今井瑠々(るる)さんが、離党して自民党の推薦で統一地方選挙のひとつとして行われる岐阜県議選へ出馬するからだ。訴えていた政策に整合性はとれるのか、支援者は納得しているのかなどの疑問が浮かぶが、政治家というのは職業となったとたん、どんな理想を掲げていようとも、党派と闘争、選挙を上手く乗りこなすための矛盾は当たり前。選挙の取材を続けてきたライターの小川裕夫氏が、野党から与党への移籍事情についてレポートする。

 * * *
 2021年10月31日に実施された衆議院議員選挙から約1年。岐阜5区から立憲民主党の公認候補として出馬した今井瑠々さんが離党して、自民党の推薦を得て2023年春に実施される岐阜県議会議員選挙に挑戦することが明らかになった。

 当時、最年少25歳で衆院選に挑戦したことで話題を集めた今井さんは、自民党の古屋圭司候補に惜敗した。当選した古屋議員の8万2140票、得票率48.5%に対し、次点の今井さんが6万8615票、40.5%だった。古屋候補は第二次安倍内閣で国家公安委員長を務めた大物議員。また、2017年の衆院選では次点との差を得票率で20%もつけて当選していたことを思えば、25歳の新人が大物議員に肉薄したことは大健闘といっていいだろう。

 また今井さんは、次は当選できそうということ以上に、立憲民主党にとって意味がある候補者だった。2022年参院選で、同党の泉健太代表は立候補者数を男女同数に揃えることに腐心していたし、守旧的な自民党政治を打破するために若くてエネルギッシュな候補者を必要としていた。だから落選したとはいえ、2つの条件に合致する今井さんは立憲民主党にとって次世代を担うホープと期待していたはずだ。

 さらに、2022年7月の参議院選で、東京選挙区から立憲民主党公認で出馬した松尾明弘候補の街頭演説を取材したとき、今井さんが党から期待されていたことが窺えた。

 このとき街頭演説の応援弁士には、同党の政調会長(当時)を務める小川淳也議員と菅直人元首相が立った。この2人が応援の主役であることは誰の目にも明らかだったが、今井さんも少しだけマイクを握った。まだ議員になっていない今井さんにマイクが渡されている。そうした光景からも今井さんへの期待を読み取れたし、司会進行役を務めていた五十嵐衣里都議と親しげに会話を交わす様子からも、周囲から慕われているのが実感できた。今から振り返ると、この頃までは立憲民主党で議員を目指す意思はあったのだろう。演説後、筆者は写真撮影を求め、それに快く応じるとともに今後への意気込みも聞いている。

 どこで心変わりしたのかは本人しかわからない。いずれにしても、立憲民主党に支えられている立場にありながら水面下で自民党と接触していたことは、支援者から「裏切り者」と難詰されても甘受するしかない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン