自民党の重鎮だった与謝野馨議員は、無所属議員となって菅直人内閣で閣僚に登用された(撮影:小川裕夫)

自民党の重鎮だった与謝野馨議員は、無所属議員となって菅直人内閣で閣僚に登用された(撮影:小川裕夫)

 与謝野議員はもともと、永田町界隈で「政策通だが、政局オンチ」という評判が根強かった。筆者は記者会見で与謝野大臣の答弁を直に見聞きしているが、まったく同じ感想を抱いた。民主党政権で閣僚に就任しても、周囲からは寝返ったと思われるのがオチだろう。

 そして、その後の政治活動は厳しくなる。目先のニンジンに飛びついたとの批判は的外れではない。与謝野議員もそれは覚悟の上だっただろう。それでも民主党政権で閣僚になる道を選んだ。

 与謝野議員は選挙による勝ち負けに大して興味がなく、とにかく政治に携わっていたいと思っていたのだろう。そのためには野党ではなく、与党でなければならない。だが、野党には野党としての意義、重要な在り方があるはずだ。

 近年は「野党は批判ばっかり」との声が目立ち、野党も対応に苦慮している。従来、野党は与党を批判・監視するために存在する。政治権力は必ず腐敗する。だから、批判をされない与党ほど危うい存在はない。そして、批判をしない野党だったら存在意義すらない。

 しかし、政治家は世論に抗いにくい。それゆえに国民民主党は「提案型野党」を標榜し、政権に対して是々非々の立場を取る日本維新の会は「与党でもなく野党でもない、ゆ党」と声高に叫ぶようになった。その背景には、「権力側にいたい」という気持ちが透けて見える。

 野党は嫌だ、強大な権力を有する与党の政治家になりたいと考えるのは本人の自由だろう。しかし、自己の権力欲・出世欲・顕示欲のために与党を選択することは、野党議員や支持者を冒涜しているに等しい。与党である自民党の中で、人知れず汗をかいている議員や支持者に対しても失礼な話だ。なによりも、有権者や支援者を蔑ろにしている。

 今井さんが自民党に移籍しても、今井さん個人の政治的手腕に変化が起きるわけではない。事実だけを抽出すれば、今回の一件は議員にすらなっていない今井さんという個人の所属政党が変わったというだけの話に過ぎない。

 とはいえ、支持者や有権者は釈然としないだろう。解散した今井るるサポーターズは最後に公式Twitterで「関わった全ての人たちに」と題し、「今井さんごめんね。苦しい中支えきれなくて、本当に申し訳ない。しかしながら、今井さんの判断は受け入れることは難しく、ショックでした」と記している。その怒りと悲しみと空しさが同時に沸き、無力感に打ちひしがれる支援者たちの気持ちは十分に理解できる。

 図らずも今井さんの一件によって、私たち有権者は一人では無力であることを痛感することになった。ただし、有権者一人ひとりは無力でも、数が増えることで大きな力になる。それは歴然とした事実だ。

 政党とは何なのか? そして政治家を支持するとはどういったことなのか?を再確認することになった。それを踏まえて、有権者の私たちも今春の統一地方選に臨みたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン