ライフ

「はやり目」「アポロ病」 特効薬も予防ワクチンもないウイルス性結膜炎

ウイルス感染によるつらい結膜炎(イラスト/斉藤ヨーコ)

ウイルス感染によるつらい結膜炎(イラスト/斉藤ヨーコ)

 人間は様々な感染症とともに生きていかなければならない。だからこそ、ウイルスや菌についてもっと知っておきたい──。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、特効薬のない目の感染症についてお届けする。

 * * *
 今回はウイルス感染によるつらい結膜炎を2つご説明します。

 結膜はまぶたの裏と表面を覆っている半透明の膜です。結膜は直接外界と接しているために、いろいろな病原体の感染を起こしやすい組織です。

 この結膜にウイルスが感染して起こるのがウイルス性結膜炎で、そのひとつに「はやり目」と別名のある流行性角結膜炎があります。流行り目と言うだけあって、感染力が非常に強く、すべての年齢層に感染します。職場、学校、病院などでの集団感染のほか、家庭内での感染も起こりやすい目の病気です。

 アデノウイルス(8型、19型、37型、54型など)の感染で起こり、潜伏期は2~14日(約1週間)。急にまぶたが腫れて、涙が流れます。最初は片方の目だけの症状であっても、数日内にもう一方の目にも感染してしまうことが多いです。目やに、涙目、結膜の充血等が起こり、ひどい場合には角膜(黒目)に炎症が及び、小さな濁りが残ることがあります。細菌を合併して感染すると視力の低下を残すこともありますから、眼科専門医を受診することが必要です。

 そしてもう一つ、エンテロウイルス(70型)やコクサッキーウイルス(A24型)などの感染で起こる急性出血性結膜炎があります。別名「アポロ病」と呼ばれ、アポロ11号が月面着陸を成し遂げた年にこの急性出血性結膜炎が大流行したので、「月から持ち帰った病原体が原因だ!」と噂が立ったことに由来します(真っ赤な嘘です)。

 潜伏期は1~3日で、突然の目の痛みとゴロゴロとした違和感、充血、結膜下出血等が現われます。結膜下出血を起こすのが、急性出血性結膜炎の特徴になります。さらにまぶたの腫れ、目やに、角膜表面の混濁なども見られます。稀ではありますが、合併症として運動麻痺があります。こちらも、速やかな眼科の受診が必要です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン