スポーツ

追悼・門田博光さん ライバル村田兆治さんの急逝を「ちょっと早すぎる」と悼んでいた時のこと

突然の訃報だった(撮影・杉原照夫)

突然の訃報だった(撮影・杉原照夫)

 現役時代は南海などで活躍し、プロ野球歴代3位の567本塁打を放った門田博光さんが74歳で亡くなっていたことが1月24日、分かった。兵庫県西部で療養中のことだった。1970年に南海に入団した門田さんは、一度は右アキレス腱断裂の大ケガで現役続行が危ぶまれたものの、見事に復活。1988年には40歳にして本塁打、打点の二冠王に輝き、「不惑の大砲」と呼ばれた。

 現役時代を通じてパ・リーグでプレーした門田氏。本誌・週刊ポストが最後に連絡を取ったのは昨年11月だった。同じくパ・リーグのロッテで長く活躍し、やはりヒジの故障から復活を遂げた村田兆治さんが自宅火災で亡くなったという一報が流れた直後のことだ(享年72)。

 同じパ・リーグで何度も対戦した村田さんから、門田さんは14本の本塁打を打っている。ただ、門田さんは「ライバルにはなれなかったね」と振り返っていた。
 
「ボクのほうが打てんかったんやから……。疲れているのか疲れていないのかが表情に出ないピッチャーやったね。兆治の場合、フォークの威力もさることながら、あのマサカリ投法だと、どのタイミングで始動すればいいのかわからない。もっといえば、兆治はバッターにフォークの握りをこっちに見せて、次に投げると宣言するわけです。それでも打てない。これはバッターとしては堪えましたね」

 先発して9回になってもコントロールが乱れず、球威も落ちなかった村田さんが途中降板した記憶がないといい「あの時代の野球がどういうものか、叩き込まれた選手のひとりだった」と述懐していた門田さん。
 
「マサカリ投法が完成した頃かな、ボクが完璧なスライダーをホームランしてからはスライダーを投げてこなくなった。フォークが武器だったが、ボクが正しいコースに投げたカーブとスライダーをうまく打つことが悔しいということでフォークを投げるようになった。フォークとストレートのコンビネーションでしたね。フォークという名刺ができたので、バッターはフォークが来ないのに警戒する。そんな恐怖感を与えるピッチャーになったことで簡単に打てなくなりましたね」

 そして「ボクが言うのもなんやけど、頑固やったからね」と言い添えて苦笑いしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン