国内

猛烈な倦怠感、ドライヤーで息切れ、頭がぼんやり…「ワクチン後遺症」に苦しむ人々

(写真/アフロ)

接種後、さまざまな症状に苦しむ人も(写真/アフロ)

「ひどい胸痛と高血圧が続いて耐えられずに救急車を呼んだこともありました。重度の倦怠感で起き上がれないことも。接種から1か月後に首のリンパが腫れて40℃前後の高熱が9日間続いたときは、命の危険すら感じました」

 そう話す40代のA子さんは、椅子に座る姿勢を保つのもつらそうだ。A子さんが1回目のワクチンを打ったのは、新型コロナの第5波が収束した2021年10月。集団接種会場でのことだった。感染が落ち着いているうちにワクチンを打ち、次の波に備えようと思ったのだ。しかし接種から1分後、体に異変が起きる。

「急に手がしびれて、しばらくするとゴホゴホと咳が出始めました。おかしいな、とは思ったものの、その場ではそれ以上の症状が出ることはなく、家に帰りました。しかし、しばらくすると徐々に体の痛みやしびれが全身に広がり、喉がふさがっていくのを感じました」(A子さん)

 あの日から1年半近くたった現在も、A子さんはいまだに原因のわからない症状に苦しめられている。 

「“令和の運び屋”と言われるよう頑張りたい」──。

 当時ワクチン担当大臣だった河野太郎氏はそう宣言し、国を挙げて新型コロナワクチンの大規模接種を実施した。しかしその陰で、A子さんのように人知れず苦しみ続けてきた人がいる。

 現在、新型コロナワクチンによる健康被害が出た人を救済する「予防接種健康被害救済制度」で認定が下り、補償を受けたのは5941件の申請のうち、1459件。そのうち20件が死亡事例だった(2023年1月23日時点)。

 約8割近くがいまだ救済されないままであるうえ、さまざまな事情から申請ができない後遺症患者もいる。今春、新型コロナを季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げられることが検討され、コロナ禍から脱しつつある世の中をよそに、彼らをとりまく状況は依然として厳しい。

洗濯物を干すだけ、ドライヤーを使うだけで息切れする

 死すら頭をよぎるほどの急激な体調の悪化はワクチン接種が関係するのではないか。そう疑ったA子さんは県立病院を受診したが、医師の反応は冷たかった。

「接種直後の異変は接種によるアナフィラキシー(急激なアレルギー反応)とされたものの、翌日から出た症状はすべてワクチンとは無関係だと否定されました。血液、レントゲン、心電図、CTといろいろ検査しても異常が見つからない。心因性と診断されて精神科をすすめられたのです。接種5か月後からは膠原病科に通院しています」(A子さん)

 その後も体調は完全には回復しなかった。現在、A子さんの症状はやや落ち着いたものの微熱や疲労感が毎日続き、関節の痛みや目と耳の不調に悩まされている。そのうえ、時々地震のような揺れや真下に引っ張られるようなふらつきに襲われると明かす。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン