スポーツ

千代の富士の出世を阻んだ「旧九重部屋」建築を巡る経緯 ちゃんこ店オープンまでの数奇な舞台裏

 「ウルフ」の愛称で国民的な人気を誇った元横綱・千代の富士(時事通信フォト)

「ウルフ」の愛称で国民的な人気を誇った元横綱・千代の富士(時事通信フォト)

 国民栄誉賞を受賞した元横綱・千代の富士(2016年に死去)が建てた旧・九重部屋が、飲食店に改装されて「ちゃんこ千代の富士」としてオープンした。実際の稽古で使われていた土俵の横で、九重部屋伝統のちゃんこ料理を堪能できるとあって、2月20日の開店初日から予約がいっぱいになっているという。

 オーナーは元・千代の富士の未亡人。九重部屋のちゃんこの味が楽しめるたけでなく、店内には歴代3位となる31回の優勝を誇る“ウルフ”に縁のある貴重な展示品などが多数揃えられている。現役最後の優勝時(1990年11月場所)で締めていた綱や、優勝トロフィーが飾られ、部屋に所属する力士の四股名が書かれた木札も当時のまま残されている。

 今回、ちゃんこ店となった墨田区石原の建物は、1993年に新しく建てられたもの。1991年5月に現役を引退した千代の富士は、功績著しい横綱経験者のみが現役時代の四股名のまま親方になれる「一代年寄」を襲名する話もあったが、辞退して九重部屋を継承することを決めた。1992年4月には、先代の師匠にあたる元横綱・北の富士と名跡交換をして、「九重親方」となっている。北の富士は陣幕親方として協会の広報部長の仕事に専念することになったが、現役の親方が部屋の師匠を譲るのはレアなケースだった。ただ、部屋の建物を巡っては複雑な経過があったという。

「引退した力士が親方として相撲協会に残るために必要な『年寄株』が高額で売買されてきたことは知られていますが、部屋持ち親方となるためにはさらに稽古場という“不動産”の取得費用も必要。先代から部屋を継ぐにあたって、価格交渉など不動産の譲渡がスムーズにいかないことは間々ある。

 千代の富士のケースでも、襲名当初は先代である北の富士が部屋を構えていた墨田区亀沢の土地・建物をそのまま使っていたが、譲り受けるかたちにはならなかった。金額などの条件面が折り合わなかったとされ、千代の富士が住居にしていた墨田区石原に新たに九重部屋を建てることになった。そして、もともとの九重部屋の建物では、千代の富士の弟弟子にあたる元横綱・北勝海が八角部屋を興すことになったのです」(相撲ジャーナリスト)

 1993年9月に独立した八角部屋には力士4人に加え、当時の九重部屋の部屋付き親方全4人(陣幕=元・北の富士、君ヶ濱=元関脇・北瀬海、谷川=元前頭・白田山、錦戸=元前頭・富士乃真)が移籍することとなった。

「当時、北勝海が千代の富士に対して、新しい部屋に行司と床山を1人ずつまわしてほしいと頭を下げたところ、“ダ~メッ!”の一言だったという。そうやって関係がこじれ、先代の北の富士さんを筆頭とする親方衆がみんな八角部屋に移っていった。北の富士・北勝海連合と千代の富士との対立関係という構図です。ご意見番として協会に大きな影響力を持つ北の富士の後ろ盾があったからこそ、北勝海は理事長まで上り詰められた。それに対し、千代の富士は一門内に支援者が集まらず、理事選への出馬すらままならない状態が続いたのです」(同前)

 九重部屋を名門にするために一代年寄襲名を辞退したはずが、歯車が大きく狂ってしまったわけである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン