芸能

堂本光一、佐藤めぐみとの10年交際がこのタイミングで報じられた背景 過去には危機を迎えたことも

外で女性とツーショットになることは皆無だった

外で女性とツーショットになることは皆無だった

「令和のうちに結婚します! 先は長いけどな……(笑い)」。かねてこんな思わせぶりな宣言をしていたKinKi Kidsの堂本光一(44才)に新たなロマンスが浮上した。2月26日付のスポーツニッポンに「真剣交際」を報じられたお相手は、2009年と2010年に主演ミュージカル『Endless SHOCK』で共演した女優の佐藤めぐみ(38才)。交際期間はすでに10年近くに及ぶという。

「ミュージカルの座長を務めた光一さんと、ヒロイン役で出演した佐藤さんは当時から息もぴったり合っていて、深い信頼関係で結ばれているように見えました。本格的な交際がはじまったのは共演後しばらくたってからのこと。過去にツーショットを撮られたことは一度もなく、極秘裏に交際を育んできたようです」(芸能リポーター)

 ともに報道について言及することはなく、双方の所属事務所も各社の取材に「特にコメントはありません」などと静観の構えだ。もっとも、光一のファンの間では数年前からふたりの仲が取り沙汰されていたという。

「きっかけは2018年に単館上映されたマイナーな映画の感想をふたりが同じ日にSNSに投稿したことでした。その後も、インスタライブの背景の壁や照明の色が酷似していることなどを指摘するファンが続出。ともに大のコーヒー党で、料理に『鉄のフライパン』を愛用していることなどの共通点も多く、佐藤さんがSNSに同棲を想起させるような投稿をするたびに“匂わせ行為”ではないかとの批判が巻き起こったのです」(前出・芸能リポーター)

“匂わせ”とは人気アイドルの交際相手などが、SNS上でつきあっていることをそれとなくほのめかすこと。隠された意図に気づいたファンに挑発行為と見なされ、炎上するケースも少なくない。

 2020年2月に光一が元NMB48の梅田彩佳(34才)とお揃いのジャージーを着たときも、ファンの間でバッシングが吹き荒れた。梅田のSNSに“凸撃”(ダイレクトメッセージなどで相手に直接真実を問いただすこと)するファンまで現れ、光一は自身のラジオで《くだらない》と一蹴。匂わせ行為を否定した上で、《あまり決めつけない方がいいですよ》と苦言を呈した。

「ところが、佐藤さんに関しては、光一さんはどんなに騒ぎが大きくなっても沈黙を貫き、ついには彼女のインスタグラムのコメント欄が閉鎖される事態に。その後も真相が語られることはなく、多くのファンが固唾をのんで成り行きを見守っていたのです」(芸能関係者)

 徹底して隠されたはずの交際は、なぜこのタイミングで報じられたのか。

「ふたりの親密な仲は、以前から複数のマスコミがマークしていたことで、光一さんも早い段階で関係者に事実関係を報告していたといいます。それでもしばらく報道が出なかったのは、昨年7月からKinKi Kidsがデビュー25周年イヤーに突入したことが理由の1つ。ドームコンサートや6年ぶりに出場したNHK紅白歌合戦などの大仕事を終えるまで、ファンの盛り上がりに水を差さないという報道側の配慮もあったようです」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン