国内

京都タリウム殺人、完全黙秘の容疑者が知人に告白していた「事件当日の経緯」の違和感

高級飲食店で飲み歩くのが趣味だった宮本一希容疑者(写真は本人のFacebookより)

高級飲食店で飲み歩くのが趣味だった宮本一希容疑者(写真は本人のFacebookより)

「彼が殺人事件の容疑者だなんて、すぐには信じられませんでした。彼女が亡くなったときには、見ていられないほど落ち込んでいたのに。彼女とは『久しぶりに真剣に交際している』と言っていたんです。それなのに、タリウムをのませて殺すでしょうか……」

 重い口を開くのは、3月3日、大阪府警に殺人容疑で逮捕された宮本一希容疑者(37才)の知人だ。宮本容疑者は昨年10月、浜野日菜子さん(当時21才)が住む京都市内の自宅マンションで、猛毒のタリウムを摂取させ殺害したとみられている。

「タリウムは無味無臭で水に溶けやすく、混入に気づくのは難しい。致死量はわずか1g程度です。任意聴取の段階では、“浜野さんが急に咳き込み始めた”“朝になっても症状が改善せず彼女の母親に連絡した”などと平然と語っていた。しかし、逮捕後は一転、完全黙秘を続けています。雑談にも応じていません」(捜査関係者)

 その後の捜査で、宮本容疑者が事件当日、浜野さんの自宅に複数回出入りし、何かを手にして出かけ、何も持たずに戻って来る姿も確認されているという。警察は、証拠隠滅を図った可能性もあるとみて調べを進めている。

 宮本容疑者は、京都府出身で、大学卒業後に上京。リクルート社に勤務し結婚情報誌『ゼクシィ』などを担当した。京都に戻ったのは5~6年前とみられ、近年は家業の不動産賃貸業を営む一方で、京都の花街で舞妓ビジネスを成功させた若き経営者でもある。浜野さんは、彼の会社でアルバイトをしていた。

 ただ、彼女が宮本容疑者と京都の高級飲食店を何度も訪れていたという証言や、2人は宮本容疑者の自宅で半同棲をしていたという情報もあり、関係性は謎に包まれたままだ。

 そんななか、宮本容疑者が親しい知人らに、浜野さんへの思いを吐露していたことがわかった。冒頭の知人がその連絡を受けたのは、浜野さんの死後から1か月も経たないうちのことだった。

「彼から久しぶりに連絡がきたと思ったら、どうも様子がおかしかったのです。理由を聞くと、“結婚を視野に入れて交際していた子が亡くなった”と……。3か月ほど同棲をして、新しい家に引っ越そうとしていた矢先のことだったと言っていました。あまりのつらさに、彼女の葬儀では、周りを驚かせるほどむせび泣いてしまったそうです」(前出・知人)

 宮本容疑者は妻子ある身であり、彼の言うところの「本気の恋愛」は、不倫である。さらに驚くべきは、宮本容疑者が、事件直後に起きたことも告白していたことだ。

「体調が悪いところは見たことがなかったのに、その日に限って、彼女が深夜になって咳き込み始めてパニックになってしまったそうです。朝になって、ご両親を呼んだことも打ち明けていました。いま思うと、久々の連絡にもかかわらず、事件当日の経緯を詳細に語った彼には違和感を覚えます」(前出・知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン