ライフ

日常生活に潜む「血圧が上がりやすい習慣」 暖房器具はこたつよりエアコンが低リスク

こたつから“よっこいしょ”と立ち上がる動作だけでも血圧は上昇するという(イメージ)

こたつから“よっこいしょ”と立ち上がる動作だけでも血圧は上昇するという(イメージ)

 血圧を気にし始めると、“何か特別なことをしなければ”という考えに傾きがちだ。だが、日常生活には「血圧が上がりやすい習慣」が多く潜んでいる。何気ない行動が招く高血圧リスクとは──。

暖房器具は「こたつ」より「エアコン」を

 冬から春に向かう季節の変わり目。朝晩は冷え込む日が続いている。地域によってはまだ暖房器具の出番があるが、電気・ガス代の高騰を受け、光熱費節約のためにエアコン使用を控えている人は多いかもしれない。

 しかし、そうした節約志向が「血圧の上昇」を招き、さらに大きな健康上のリスクにつながる可能性がある。高血圧専門医で、近著に『血圧が下がる人は「これ」だけやっている』(アスコム)がある日本歯科大学附属病院(内科)臨床教授・渡辺尚彦医師が指摘する。

「高血圧で受診される患者さんのなかにも、節約のため『こたつしか使わない』という人がいます。昨今の生活費の値上がりで大変なのはよく理解できますが、突然死を防ぐためにも室温管理は惜しんではいけません」

 渡辺医師によると、こたつから“よっこいしょ”と立ち上がる動作だけでも血圧は上昇するという。しかも、リスクはそれだけではない。

「寒い居室との温度差で、こたつから出た時に血圧が急上昇する“ヒートショック”になる恐れがあります。暖房をこたつに頼る生活は、居室で心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険な状況を生み出しかねないのです」(同前)

 部屋全体の温度を上げるエアコンを利用し、20℃くらいの室温を保つのが理想的だという。

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン