芸能

鈴木京香、体調不良で連ドラ降板 健康不安がパートナー長谷川博己との未来にも影響か

鈴木京香が連ドラを降板した理由は長谷川博己か

鈴木京香が連ドラを降板したことは長谷川博己にも影響か

 20年ぶりに主演を務めるテレビ局の看板枠。しかも、演じるのは自身にとって初の一人二役という難役だけに、鈴木京香(54才)はいつも以上に周到な準備をかさねて現場に臨んでいた。しかし、多忙なスケジュールをこなしていくなかで、体調に一抹の不安も覚えていた。その違和感は初日の撮影を終え、ついに限界を迎える。その夜、体調不良を訴えた彼女が現場に戻って来ることはなかった。それは、彼女の人生にとってあまりに想定外のものだった──。

「京香さんの降板で現場は大混乱です。撮影はストップしたままで、共演者やスポンサーにも『体調不良』としか説明しようがない状態。現在(5月16日)、撮影再開のめどは立っておらず、たとえ代役が決まっても、撮影場所の確保やスケジュールの調整が可能なのか、見当もつきません」(フジテレビ関係者)

 体調不良のため、主演予定のフジテレビ系連続ドラマ『この素晴らしき世界』(7月スタート、木曜22時)を降板した鈴木京香(54才)。ドラマは、平凡な主婦がひょんなことから大女優の「替え玉」に抜擢されて二重生活を強いられるストーリー。主婦と大物女優という一人二役の難しい役柄に加え、京香のイメージに沿って書かれた「当て書き」台本のため、代役選びに難航しているという。

「共演予定の木村佳乃さん(47才)を主役にスライドするとか、演技力のある寺島しのぶさん(50才)はどうかなど、代役候補の名前はいくつか挙がっていますが、現時点で具体的なめどは立っていません。誰に白羽の矢が立つか、スタッフはやきもきしています」(前出・フジテレビ関係者)

 気になる京香の病名は徹底的に隠されている。

「『急を要する病状』ということ以外、病名や病気の程度はフジテレビ幹部にも伏せられていて、現在も病名をめぐって情報が錯綜しています」(別のフジテレビ関係者)

 京香に何が起きたのか。 

《ご心配をお掛けしますが、早くお仕事に戻れるようしばらくは治療に専念させていただきます》

 ホームページで彼女はそうコメントしたものの、関係者には不安が広がる。

「責任感の強い彼女が早々に降板を決めるなんて、よほど重い症状だったのではないかとの声が飛び交いました。生命にかかわる病気だとみている人もいます。入院、手術をしていないと事務所が断言したことからも、簡単に処置できない状況ではないのかとの懸念も拭えません」(芸能関係者)

 最近の京香の仕事は順調そのもので、2020年には3期連続でドラマに出演。翌年からはNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(2021年)、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(2022年)などの大作でも重要な役どころを演じてきた。コロナ禍で仕事が減った芸能人も多いなか、彼女の女優人生は順風満帆に見えた。だが、病魔という予想し得ない異変が彼女の体を襲った。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン