芸能

川口春奈、恋人の格闘家・矢地祐介とペアルック相撲観戦で破局説一蹴 今も続く半同棲生活

女性セブンがキャッチした川口と矢地

スエット姿でデートする川口と矢地(写真は2021年12月)

 土俵の屋根の上に「満員御礼」の垂れ幕が下げられた大相撲夏場所初日(5月14日)。東京・墨田区の両国国技館に押し寄せた観客のなかに、あの川口春奈(28才)の姿があった。

「白のトレーナーに黒のキャップ、髪は後ろに結ぶだけのシンプルな格好でしたけど、オーラは隠し切れないのか、周囲はすぐに川口春奈さんだと気づいていましたよ。川口さんが大の相撲ファンである “スー女”なのは有名ですが、まさかあんなに目立つ花道の上の升席にいるとは……。

 しかも、恋人の格闘家のかたも一緒で、おそろいのカラーのペアルック。似たデザインの黒縁メガネもかけていて、仲のよさが伝わってきました。ノーマスクで顔を隠すこともなく、結びの一番まで熱心に観戦していましたね」(居合わせた観客)

川口は観戦の様子をインスタにアップ(川口のインスタグラムより)

川口は観戦の様子をインスタにアップ(川口のインスタグラムより)

 川口はおよそ3年半前、総合格闘家の矢地祐介(33才)との交際が報じられた。その後も、川口の留守中に、矢地が川口の愛犬を散歩させる様子もキャッチされ、半同棲状態ともいわれてきた。ところが今年4月中旬、ネットメディア『Smart FLASH』が《川口春奈、矢地祐介と破局匂わせか》と報じた。

「きっかけは女性ファッション誌のインタビュー記事でした。川口さんは恋愛の話題で《実は今、恋愛の優先度がそんなに高くない》《現時点では結婚というカタチにはこだわらない》と語りました。この発言が切り取られる形になって、ふたりが破局したのではないかと受け止められたのです」(芸能関係者)

 破局説はその後も続いたが、“反撃”に出たのは川口だった。川口は自身のインスタグラムに《いろんな情報や多すぎる選択肢に惑わされないよう自分しっかりもって、ラブユアセルフ》と投稿した。

「川口さんは、一連の破局報道を迷惑がっているんです。というのも、ふたりは破局どころか極めて順調。恋の“押し出し”は継続中で、矢地さんが川口さんの自宅に通いつめて、将来もしっかり考えているようですよ。川口さんは帰宅すると矢地さんが家にいてくれることで安心すると、周囲に話しています」(別の芸能関係者)

破局説を一蹴

破局説を一蹴

 ゴールを見据えるふたりだが、すぐにとはいかない事情がある。2020年、川口は麻薬取締法違反の容疑で逮捕された沢尻エリカ(37才)に代わり、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)に出演。見事に代役をこなし、女優としての株は急上昇。昨秋のドラマ『silent』(フジテレビ系)は、見逃し配信サービスで過去最高の再生回数を記録。今後も連続ドラマ『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系・今年7月期)出演など活躍が続く。トップ女優への階段をのぼると同時に、CMの出演本数も年々増加。現在は21社に出演するCM女王だ。

「結婚には前向きなもののCMの出演本数があまりに多く、その契約内容も各社で異なるので、タイミングを調整しているようです」(テレビ局関係者)

 結婚に“物言い”がつかないよう、念入りな準備が進められているようだ。

※女性セブン2023年6月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン