甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)

甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)

 訴状によると、6700万円の算出根拠については、「当該店舗でしょうゆボトルを入れ替えた費用」「全国で客が激減したことで失われた利益」「衛生管理の信用の毀損」などと説明。騒動直後の株価下落によって「1日で160億円以上の経済的な価値が失われた」とも主張している。

 少年にとっては、友人との食事中に気持ちが盛り上がっての悪ふざけだったのかもしれない。だが、店の信用や経営、社会に与えた影響を考えると、“調子に乗りすぎた”のひと言で済まされる問題ではなかったのだろう。

 しかし、それにしても6700万円というのは驚きの金額だ。フラクタル法律事務所代表の弁護士・田村勇人さんは、この金額からはスシロー側の「覚悟」がうかがえるという。

「実際にしょうゆボトルの入れ替えや湯飲みの洗浄などにかかった費用と、何日か店を閉めざるを得なかったことで失われた、本来なら得られるはずだった営業利益などを考慮しても、7000万円近い金額規模にはならないと思います。それでも、スシロー側が訴訟にまで踏み切り、高額な賠償請求を行ったのは、外食文化への悪影響しかない迷惑行為に対し、断固たる姿勢で臨んでいることを内外にアピールするためでもあるのではないでしょうか」

 しかもスシロー側によれば、迷惑行為を防ぐためにアクリル板設置などの対策を進めているため、「今後、9300万円程度の損害が生じる見込みで、さらなる損害の発生を踏まえて請求を拡張する予定」だという。

親が自己破産する可能性

「警察とスシロー側の判断にゆだねます」

 騒動直後、スシローへの謝罪の折にそう明かした少年と両親だが、現在は争う構えを見せている。裁判所へ提出した答弁書では、迷惑行為そのものは認めたものの、《反省の日々を送っている》として、請求棄却を求めている。また、《客の減少は同業他店との競合も考えられる》《第三者に共有され、拡散されることまでは予想していなかった》とも反論している。

 たしかに、騒動の直後に高校を自主退学し、顔見知りばかりの地域でひっそりと過ごすのは、少年にとっては「反省の日々」なのだろう。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン