芸能

ryuchellさんが思い悩んでいた恋心 友人に明かしていた本音「結局女性にはかなわないのかもしれない」

身体の変化もあったが恋に悩んでいたとみられるryuchellさん

7月12日に亡くなったryuchellさん

 ブラジャーやパッドで形作られていた胸の膨らみが、最近では谷間が見てわかるほどに。肉体の変化は、自分らしくいるために重要だった。半面、その変化は心無い言葉にも凜と立ち向かっていた強い心に、綻びをもたらしたのかもしれない。7月12日、ryuchellさん(りゅうちぇる・享年27)がこの世を去った。10年来の友人が無念さをにじませる。

「一部で報道されているようにネット上での誹謗中傷が無関係だと思えません。昨年から、見るに堪えないひどい言葉があふれていました。ただ、彼は芯が強い人だったし、そうした悪口にもこれまでは向き合えていました。その強さは誰にも真似できるものじゃありません。本当に尊敬できる人でした。でもここ数か月はいくつもの出来事が重なってしまって……不安定な精神状態だったんです」

 ryuchellさんは生前、「自分らしく生きること」を積極的に発信していた。自分らしく生き始めた矢先、彼の身に何が起きていたのか──。

 ryuchellさんの生涯は波瀾万丈だった。1995年に5人きょうだいの末っ子として沖縄県で生まれ、幼少期からお人形遊びやかわいいものが好きで、同世代の男子とは違うことを自覚していたという。高校卒業後に上京すると、原宿のショップ店員として働き、読者モデルとしても活動した。すでにカリスマモデルとして活躍していたpeco(ぺこ・28才)と2014年に出会い交際を始めると、人生が大きく動きだした。

「2015年にpecoの彼氏としてバラエティー番組に出演し、個性的なファッションやハイテンションのキャラがウケて大ブレークしました。“ジェンダーレス男子”として注目され、テレビで見ない日はないほどでした」(芸能関係者)

 2016年12月、21才のときにpecoと結婚。2018年7月に男児が誕生し、23才で父親となった。順風満帆だと思われていた矢先の2022年8月、突然離婚を発表した。理由はryuchellさんのカミングアウトだった。

「彼はSNSで離婚を報告する際、《“夫”であることには、つらさを感じてしまうようになりました》と告白しました。以前から自身の性自認に違和感を抱いていて、男性として生きることに葛藤を抱いていたようです。pecoさんとの話し合いの末、離婚したうえで人生のパートナーとして同居を続けながら、子供を育てていくことを発表しました」(前出・芸能関係者)

 離婚後、ryuchellさんは自分を解放した。メイクやファッションが大きく変わり、外見は女性らしくなっていった。ネット上での誹謗中傷が目立つようになったのは、この頃からだ。ryuchellさんの変化を嘲笑したり、「身勝手」「育児放棄」などのバッシングが相次ぐようになったのだ。

 それでもryuchellさんは、心の声に正直に、今年に入ってからは「自分らしさ」をさらに追い求めるようになっていった──。前出の友人は今年2月、ryuchellさんの胸の内を耳にしていた。

「彼は“女性ホルモンの投与”に興味を持っていました。心だけではなく、体も女性になりたいという気持ちが強くなっていたようです。前向きな話をしていましたが、同時に副作用の不安も口にしていました」

 女性ホルモンの投与は、男性の心身にどのような影響を及ぼすのか。銀座アテナクリニックの総院長・定村浩司さんが解説する。

「男性が女性ホルモンの投与を始めると、バストが徐々に膨らんでいき、ヒゲや体毛も薄くなっていきます。体の変化に限らず、メンタルにも影響を及ぼします。

 女性は生理周期があるため、血中のホルモン濃度の変動に慣れているのですが、男性はその変動をほとんど経験することなく生きています。そのため、男性に女性ホルモンを投与すると、経験したことのないホルモンバランスの変化でメンタルの調子が崩れることがあるんです。実際、うつ症状が出た事例などが報告されています。特に投与開始から2~3か月の初期は、体の変化が大きい一方、メンタルも崩しやすくなるのです」

 一部報道では、ryuchellさんは今年4月頃から女性ホルモンを投与し始めたとされている。冒頭のように体の変化は大きかったようで、5月18日に自身のツイッターに投稿した写真には、しっかりと胸の谷間が映っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB