ライフ

事故物件住みます芸人・松原タニシが明かす“最も怖かった体験”「本当に怖いのは生きている人間です」

事故物件住みます芸人・松原タニシ

2012年から事故物件に住み続ける芸人・松原タニシ

 日本では、お盆になるとあの世から死者の霊魂が帰ってくるとされている。ところがその中には、祖先の霊だけでなく、この世に恨みを抱いた怨霊や成仏できなかった霊もおり、だからこそ、夏は不思議な現象が起きるとも……。

 そして、そんな不思議な現象が起きやすいと言われるのが、事故物件。そこで“事故物件住みます芸人”の松原タニシに、これまでで最も怖かった体験を語ってもらった。「結局、本当に怖いのは生きている人間です」と締めてくれたが、いえいえ、やっぱりその話、怖いですよ!

 * * *
 ぼくは事故物件に暮らしているわけですが、いまの家は17軒目になります。そこはリフォーム業者の人が、

「風呂場で人影を見た」

 と言っていた物件です。別の部屋のリフォームをしている最中に電球が割れたため、ほかの部屋から借りてこようと思ってその部屋に入ったところ、黒い人影に遭遇したと……。後で聞くと、その風呂場で人が亡くなっていたそうです──。

 という物件をいままさに、ぼくが借りているんですよね。ぼく自身はいまのところ、その家では何も遭遇していないんですが(笑い)。事故物件に住んでいちばん怖い体験をしたのは、忘れもしない2年前、13軒目に借りた家でのことです。築30年のありふれたワンルームマンションでした。入居初日は寝具を持ってきていなくて、近所の人が寝袋を貸してくれることになったんです。

「取ってくるから待っていて」

 と言われ、ぼくはひとりでその家にいました。すると、5分後に玄関の扉をノックされたんです。

(戻ってきたのかな)

 と、ドアを開けたものの、誰もいない。不思議に思いつつドアを閉めたら、今度は天井からドンドンと音が鳴る。すぐに上の階を見に行ったら、屋上になっていて誰も住んでいないし、誰もいない。再度首をかしげながら部屋に戻ったら、近所の人が来ていました。それで、

「さっきノックしました?」

 と聞くと、

「いや、いま来たんで、ノックしていないですよ」

 と──ベタな体験と思われるかもしれませんが、これはゾッとしましたね。後で聞いたところ、この物件の周りは事故物件だらけで、当時同じアパート内で6人が亡くなっていたんです。悲鳴が聞こえたこともあるんですけど、どの部屋から聞こえているのかわからないんですよね。住人の声か霊の声かもわからない。実際に住んでいると、そういう体験が日常茶飯事になるんです。

運転中に後部座席から顔が近づいてきて

 これは兄の話なのですが、あまりに印象に残り、後日ぼく自身訪れた場所があります。それが、奈良県奈良市の名阪国道上にある高峰サービスエリア(SA)です。兄の運転で、友達3人とスノーボードに行き、帰りにこのSAに立ち寄ったそうです。女友達がトイレに行きたいというので車内で待っていると、彼女が慌てた様子で戻ってきて、

「すぐに車に入れて」

 と。どうしたのかと思ったら、

「トイレの入り口の洗面台でおばあさんが手を洗っていたの。こんな寒い真夜中にたったひとりで。私が用を済ませて出てきても、まだ手を洗っているの。しかも、入り口に盛り塩があって……。怖くて、走って戻ってきたの」

 兄は不思議に思いつつもすぐに車を発進させたそうです。しばらく後部座席で友人2人が会話をしていたらしいんですが、突如声が途切れたと。で、ルームミラーを見ると顔面蒼白で固まっている友人たちの姿が。そしてその2人の間に、老婆が座っていたそうなんです。

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン