芸能

囲碁将棋がTHE SECONDを振り返る「前日、声が出なくなった」「東野幸治さんが根建のケツを叩いて…」

THE SECONDでベスト4に進出した結成19年の囲碁将棋(撮影/山口京和)

THE SECONDでベスト4に進出した結成19年の囲碁将棋(撮影/山口京和)

 結成16年以上の漫才師による漫才賞レース「THE SECOND~漫才トーナメント~」は芸人やお笑いファンの間で大きな盛り上がりを見せた。中でも優勝したギャロップと、結成19年の囲碁将棋が戦った準決勝は、観客審査の得票が同点で“事実上の決勝”とも評された。惜しくも敗れた囲碁将棋の2人が、ベスト4漫才師への連続インタビューに応えた。(聞き手/中村計=ノンフィクションライター、『笑い神 M-1、その純情と狂気』著者)【前後編の前編。後編を読む

 * * *

──文田さんはTHE SECONDに臨むにあたって「とにかく次の大会につなげたい」と話していましたが、そういう意味では、これ以上ない結果になりましたよね。放送後、こんなに評判がよかった賞レースってなかなかないじゃないですか。

文田大介:スタッフたちの熱量がすごかったですからね。実は、僕らは決勝に残ったら「セコムしてますか?」というセリフを連発するネタをやる予定だったんです。ただ、あの番組のスポンサーにALSOKがついていて。

──各組とも決勝に残ることを想定して3本ぶん、事前にネタの台本を制作サイドに提出していたんですよね。

文田:そうなんです。ただ、僕らは、全部のネタを台本に起こすのが大変だったので代わりに動画を提出しました。その上で、本番ではこんなボケを足す予定ですっていうメモ書きも添えて。僕は最初、コンプラ(イアンス)チェックのための台本提出だと思っていたんです。最近のテレビはコンプラに厳しいので、危ないワードがあったら事前に言われるんだろうな、と。でも、そんなのは1つもなくて。後から聞いたら、ALSOKの人に許可を取っといてくれたそうなんです。「セコムしてますか?」というセリフがあるのですが、どうかご容赦ください、と。

──そんなこと、してくれるものなんですね。テレビの世界って、もっとビジネスライクというか、そういうことに関してはお役所的な対応をするものなのかと思っていました。スポンサーは絶対で、ダメなものはダメなんだ、と。

文田:M-1のスタッフもその点は、熱かったですよ。ある大会で、ファミマがスポンサーについていたので「ファミマ以外のコンビニの名前は出さないでください」って書いた紙が控え室に張り出してあったんです。そうしたら、後からスタッフが入ってきて「交渉してきたので、ファミマ以外のコンビニ名も出していいです!」って。コンビニの名前を言うコンビがそんなにいるわけじゃないんですけど、そこまでしてくれるというのは芸人からしたら嬉しいじゃないですか。

──お笑いの賞レースが成功するか否かは、芸人に「この制作スタッフの前では手を抜けない、嘘はつけない」って思わせるかどうかですもんね。

文田:スタッフの熱が芸人に伝播しますよね。ただ、そのことを僕らがラジオでしゃべったら、フジテレビのスタッフに、僕らのがんばりを褒めてもらえるのは嬉しいんですけど、他の番組との兼ね合いもあるので、あんまり言わないでくれると助かります、って言われちゃいました。つまり、どのネタ番組でも、そこまでしてくれるわけではないので、それが当たり前と思われると、ちょっと具合が悪いのかもしれません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン