芸能

【松本明子×森尾由美】デビュー40周年・同期対談「若い頃って余裕がなくて、周りと比べてばかりいたよね」

森尾

デビュー40周年の同期、松本明子と森尾由美が対談

 同期のアイドルとしてデビューした松本明子(57才)と森尾由美(57才)。デビュー40周年を迎えた2人に、当時から今に至るまでを語ってもらった。【前後編の前編】

 1980(昭和55)年に松田聖子がデビューしたのを皮切りに、多くのアイドルが誕生した1980年代。なかでも、小泉今日子(57才)、中森明菜(58才)、松本伊代(58才)らがデビューした1982(昭和57)年は、数々の伝説を生んだアイドルが集結したことから、「花の82年組」と呼ばれた。

 その翌年にデビューしたのが、松本明子、森尾由美をはじめ、大沢逸美(57才)、桑田靖子(55才)、小林千絵(59才)、木元ゆうこ(56才)、徳丸純子(57才)だった。先輩アイドルたちの強烈な光にあてられたのか、彼女たちは目立った活躍ができず、「不作の83年組」と呼ばれた。当時からそんな同期同士で励まし合っていたのだろうか──。

 * * *

デビュー当時は会話もしづらく

松本明子(以下・松):私たち、いまは仲いいんですよ。でも実はね、こうやって話せるようになったのは10年くらい前からかな? 私たち2人とも16才でアイドルデビューをしたんですけど、当時の同期はみんなライバル。ほとんど話もしなかったんですよ。

森尾由美(以下・森):そうそう。賞レース、歌番組、水泳大会など、当時はアイドル番組が多くて、私たちはよく同じ楽屋になったので、顔見知りだった。だけど、誰もしゃべらずシーンとしていたの。アッコは、特に静かだった印象があるなあ。

松:香川県からひとりで上京したばかりで、都会にコンプレックスもあったから(笑い)。私の由美ちゃんへの印象は“恩人”! 当時のアイドルは、メイク道具と衣装一式を自分で持って楽屋入りをしていたんだけど、あるとき私のストッキングが伝線していたの。男性のマネジャーさんには恥ずかしくて言えないし、どうしようと思っていたら、由美ちゃんが新品をくれたんだよね。うれしかった。

森:本当? 覚えてない! でも当時はマネジャーさんから、「ストッキングの伝線には注意して」と言われていたから、いつも替えを持っていたのよね。それで声をかけたのかも。

松:ありがたかったな。やさしくて、気遣いができて、几帳面なところは、あの頃からずっと変わらないよね。頼りっぱなし。

森:何言ってるのよ(笑い)。私はアッコのこと尊敬していたよ。アッコは自らオーディションを受けて、実家から遠く離れ、芸能界にひとりで入って来たから、スカウトでデビューした私とは意気込みが違う。アッコを見るたび、「私はここにいていいのかな」って思ってた。

松:本当!? 由美ちゃんはひと際かわいくて、別格って感じだったんだけど、そんなふうに思っていたんだね。

──いまでこそ仲睦まじい2人だが、10代の頃はほとんど話すことのないライバル関係だったという。当時抱いていた互いの思いを知ることもないほど、デビュー当時は自分のことに必死だったのだろう。逆を言うと、立場や状況さえ変われば、仲よくなれる要素を持っていたのだ──。

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン