スポーツ

【全文公開】亜希と清原和博、次男の甲子園優勝直後の家族写真 「子供たちに背中を押されて」葛藤と再生の2700日

車を降りる勝児さんと亜希と清原

車を降りる勝児さんと亜希と清原

 8月下旬の夕方、都内の高級中華料理店で、ある家族の祝勝会が行われた。亜希(54才)と清原和博(56才)の元夫婦に挟まれ、店へと入るのはこの夏を席巻した“ヒーロー”だ。

「その夜は、知人を招いて次男・勝児さん(18才)の甲子園優勝を祝ったそうです。亜希さんも清原さんも、連日甲子園に通って声援を送っていました。父子で甲子園優勝は史上初の快挙でした。ただ、少し前まではこんなふうに家族で食事をするなんて、考えられませんでした。家族は完全に壊れていましたから」(亜希の知人)

 崩壊した家族に笑顔が戻るまでの2700日もの道のりは、平坦ではない上に、途方もなく長かった──。

 慶応高校の優勝で幕を閉じた夏の甲子園。幾度となく訪れた苦しい試合の展開で、控えメンバーながら要所で登場し、球場の空気を一変させたのは勝児さんだった。「バッターは清原くん」とウグイス嬢がコールすると、聖地に駆けつけた高校野球ファンは異様な盛り上がりを見せていた。

「父親が清原和博でよかったと思うことはあるか?」

 報道陣からそう問われた勝児さんは、一瞬の逡巡の後、次のように答えた。

「息子じゃなかったら経験できないことをさせてもらった。よくも悪くも感謝したい」

 その「よくも悪くも」という言葉に、家族が抱えてきた複雑な思いが凝縮されていると言っていい。

 人気モデルとして活躍していた亜希が、球界を代表するバッターだった清原と結婚したのは2000年のこと。亜希は仕事をセーブし、体が資本である夫のケアに専念した。2002年に長男・正吾さん(21才)、2005年に勝児さんが生まれ、理想の家庭を築いていた。だが、2008年に清原が現役を引退すると、幸せな日々が一変した。引退の翌年、清原と銀座のクラブママとの不倫旅行が報じられた。

「現役時代に“番長”と呼ばれた清原さんは、後輩を引き連れて一晩で500万円分も飲み倒したことがありました。引退しても、その傍若無人なスタイルは変わらなかった。飲み歩いた末、朝方帰宅することも頻繁だったそうです。

 そんなときに亜希さんが苦言を呈すと、お酒が入っている清原さんは手がつけられなくなる。急に暴れ出して、バットで自宅の壁に大穴を開けたことも。亜希さんは恐怖の一方、子供たちを不安にさせないために、その穴の上に子供たちが描いた絵を貼って隠したこともありました」(前出・亜希の知人)

 荒れる夫の更生を願い、リビングのテーブルの上に「夏休みはお父さんにたくさんバッティングを教えてもらいたい」と、当時小学生だった正吾さんが書いた手紙を置いたこともあった。だが、亜希の望みは叶わなかった。それどころか、事態はさらに悪化する。2014年3月、『週刊文春』に清原の「覚せい剤中毒疑惑」が報じられた。

「これ以上は一緒に暮らせないと考えた亜希さんは子供たちと家を出て、その年の9月に離婚しました。この時点では“完全決別”ではなかった。ただ、離婚後、清原さんが息子たちと会えるのは、少年野球の練習や試合のある日曜日のわずかな時間だけ。もちろん、亜希さんもグラウンドに足を運んでいるわけですが、会話することはなく、お互いの存在に一切気づいていないように振る舞っていました」(前出・亜希の知人)

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン