芸能

坂口杏里「勝手に離婚届を出された!」本人が明かす“電撃離婚”の真実「お金の問題も解決していないのに」

“電撃離婚”について語る坂口

“電撃離婚”について語る坂口

 元タレントの坂口杏里(32)と格闘家の夫、福島進一(33)が9月、離婚成立した。ふたりは昨年6月に入籍したが、今年1月と5月には坂口の発作による緊急搬送、昨年12月と今年5月にはInstagramのストーリーズ上で離婚について揉めていることを投稿するなど、様々な危機があった二人。5月には二人が離婚届に署名捺印し、あとは提出するのみという争いにまで発展していたが、なんとか踏みとどまった矢先の今回の出来事だった。坂口は離婚成立後、住んでいた家を出て漫画喫茶で寝泊まりしているという。そんな坂口に独占取材した。

──Instagramでは元夫の福島さんに「勝手に離婚届を出された」としていました、実際、どのような状況で離婚に至ったのでしょうか。

 投稿の通り、進一が勝手に離婚届を提出しました。8月24日に進一が家を飛び出した後、私の15年来の付き合いのA子さんと進一、進一の知人を交えての4人で、27日に1回目の離婚協議をしたんです。そこで話がまとまらなかったので、次は9月3日に行なうはずでしたが、進一は初めからその集まりにくるつもりはなかったようです。私が家にいない間に猫2匹を奪い去って、もともと用意していた離婚届も持ち出し、13日に私に事前に知らせることなく、計画的に区役所に届けに行ったようです。

──離婚協議では、何を話しあっていたのでしょうか。

 離婚後の誓約書を作ったんです。まだ途中でしたが、ひとつは「離婚成立後に住んでいるアパートを私が出ること」ということと、もうひとつは「ペットの猫2匹のうち、元から進一が飼っていたルイ君は進一が、杏里が買ったモコちゃんは杏里が引き取ることにする」という取り決めでした。そのどちらも守られてません。

──離婚届を勝手に提出されたとのことでしたが、それはいつ作成したものだったのでしょうか。

 今年5月です。私はもともと、2020年ごろからPTSDを発症しており、怒鳴られると怖いのです。それを知っていながら、進一は何かあるごとに私を怒鳴り散らしました。それもあって、眠れない日々も続いたし、てんかんも発症しました。このままでは私が壊れてしまうと思い、お互いに離婚届に署名して捺印しました。

──でも、その時は離婚届を出さなかったんですね。

 はい。なんだかんだ、その時は進一が「なんとかやっていこう」と引き留めたので届出は出しませんでした。いま思えば、あの時進一が私を引き留めたのは、進一がやってたウーバーイーツの配達の仕事やネットワークビジネスの収益だけでは暮らせないからってことで、私を利用しようとしていたのかとも思います。でももっと疑問なのは、私も記憶が曖昧なんですけど……そのとき離婚届けはもう不要だということで、数日後にゴミ箱に捨てたはずなんですよね……。

──ということは、捨てた離婚届を進一さんは隠れて持っていたということでしょうか。

 それがわからないんです。私はその時、ゴミ袋に捨ててそのままゴミ集積所に出したはずなのでその書類が家にあるはずはないんです。もしかしたら進一は勝手に書いて提出したのかな?と疑ったほどで……。

──では、離婚届を勝手に提出したというのは、その後に進一さんがストーリーズに上げていた投稿で知ったのですか。

 いえ、その投稿をする前に、私に直接ショートメールしてきました。まさに私の同意なく勝手に提出し、事後報告してきたんです。その後、私の電話を着信拒否しLINEもブロックしています。そのくせ、自分が用がある時だけ解除してメッセージを送り、またすぐブロックする。まだ金銭面で解決してない問題だってあるのに、これでは話し合いになりません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン