芸能

“ポスト弘中綾香”筆頭のテレビ朝日・三谷紬アナ、SNSに「美脚写真」連続投稿のあざとい戦略

“ポスト弘中綾香”として注目される三谷紬アナ

“ポスト弘中綾香”として注目される三谷紬アナ

 テレビ朝日のエース、弘中綾香アナ(32)が9月7日にInstagramを更新し、産休入りを報告した。

「お堅いテレ朝にあって、弘中アナは代えがきかない逸材。妊娠が分かって以降、局は後任探しに奔走していましたが、難航していた。ただ、最近はどうにか“ポスト弘中”を任せられそうな若手アナが育ってきた」(テレ朝関係者)

 その筆頭が三谷紬アナ(29)だ。

「YouTubeで体当たりのダイエット企画に挑んだり、レギュラーの『新日ちゃんぴおん!』で個性豊かなプロレスラーに絡んだりと、テレ朝では珍しいバラエティ枠の女子アナです。本人的にはスポーツ志向が強いようですが、彼女のキャラが活きるのは、やはりバラエティ。弘中アナの抜けた穴を埋めるべく、今後露出が増えて行きそうです」(同前)

 そんな三谷アナが画面ではなく肌の露出を増やしているのが、Instagram。フォロワーが12万人を越えるインスタで、美脚写真が続々投稿されているのだ。

「かつて“妊婦に間違えられる”と自虐ネタを披露していましたが、ダイエット企画が奏功し、いまでは抜群のプロポーションに。自信が出てきたのかホットパンツ姿をアップすることが増えた」(同前)

 8月23日には〈七里ヶ浜で友人たちとお散歩〉と綴り、海辺でのナマ足姿を投稿。コメント欄には〈白い、細い、綺麗〉〈言葉が見つからない〉と絶賛の声が溢れた。6月末にも宮古島の海辺で美脚カットをアップしている。スポーツ紙記者の話。

「狙って投稿している部分はあるでしょうね。彼女もまた、なかなかあざとい(笑)。弘中アナはセクシー路線には決して手を出しませんでしたが、三谷アナは体を張れる。弘中アナを追うだけでなく、自分だけの立ち位置を模索しているようにも見えます」

 ブレイク待ったなし。

※週刊ポスト2023年9月29日号

関連記事

トピックス

麻生太郎内閣で官房長官を務めた河村建夫氏(時事通信フォト)
官房機密費問題で河村建夫・元官房長官が重大証言「馳浩氏は発言撤回すべきではなかった」「私のときは麻生首相から“あそこに渡してくれ”と指示があった」
週刊ポスト
大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン