三谷紬一覧

【三谷紬】に関するニュースを集めたページです。

【動画】三谷紬アナ、10キロダイエットに「無理させすぎ」心配の声も
【動画】三谷紬アナ、10キロダイエットに「無理させすぎ」心配の声も
 テレビ朝日・三谷紬アナの変化に心配する声が上がっています。 5月14日、自身のInstagramで前髪ぱっつんにイメチェンした写真を掲載した三谷アナ。 ファンたちが驚いたのは、髪型よりもその「激やせぶり」でした。 三谷アナは、2020年3月よりテレビ朝日の公式YouTubeチャンネルで、長期のダイエット企画に挑戦。 今年3月31日、10キロ減を報告していました。 SNSでは「痩せすぎのようで心配です」「かなり無理をしたのでは」など、体調を心配するコメントが多数寄せられています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.06.01 16:00
NEWSポストセブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
 テレビ朝日・三谷紬アナウンサー(28)の“変化”が波紋を呼んでいる。三谷アナは5月14日、自身のインスタグラムで「今回は久しぶりの重めぱっつん!」という文言とともに美容院で前髪ぱっつんのロングヘアスタイルにイメチェンした写真を掲載したが、ファンたちが驚いたのは、髪型よりもその「激やせぶり」だった。 三谷アナといえば、2020年3月よりテレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』で、長期のダイエット企画に挑戦。「いつでもウェディングドレスが着られるように」と10キロの減量を宣言。のちに目標を8キロに変更するも、今年3月31日、「ダイエット企画、無事今日をもって終了しました!」「マイナス10キロ達成」と10キロ減を報告していた。 その後、SNSなどに写真をアップするたびに「キレイになった!」「すごい美脚!」「スタイルいいですね」という称賛の言葉とともに「健康は大丈夫でしょうか?」「痩せすぎのようで心配です」と体調を気遣うコメントが増えていった。確かに投稿された写真を見る限り、頬はげっそりとこけ、首には筋が目立ち、肩には骨が浮いているように思えるのだ。 三谷アナといえば2017年の入局後に、同局の夜の看板番組『報道ステーション』の金曜日お天気キャスターを担当。翌2018年には、退社した竹内由恵アナの後を引き継ぎ『やべっちFC』のアシスタントに抜擢。 現在は、バラエティ番組『まだアプデしてないの?』やスポーツ番組『ラブ!!Jリーグ』など同局の人気番組をレギュラーに持つ人気者だ。また、ダイエット前にはその健康的なぽっちゃりボディーが魅力で「テレ朝の水卜(麻美)ちゃん」と言われていた。芸能関係者が言う。「そもそもこのダイエット企画が始まったきっかけは、公式YouTubeチャンネルに力を入れ始めたテレビ朝日が、バラエティでも活躍できそうな三谷アナに白羽の矢を立て、出演をお願いした際、『なにかやりたい企画がないか』と打診したところ、彼女が『ダイエット企画をしたい!』と即答したそうです。 癒し系のスタイルが魅力の彼女なのですが、当時、SNSを中心に『三谷アナは妊娠しているのでは……』と『妊娠疑惑』が浮上。それがよほど悔しかったそうです」 しかし、前述の通り、三谷アナは局内でも多数のレギュラーを持つ売れっ子だ。通常のスケジュールに加え、ハードな減量で心配はないのだろうか。テレ朝関係者はこう話す。「10キロ減量と聞くと、かなり無理をしたのでは、と思ってしまいますが、実際は食事制限と運動を基本に、ちゃんと指導をする担当もついての企画です。彼女が減量のためフラフープやヨガ相撲など厳しいトレーニングで汗を流す姿は、老若男女問わず視聴者の共感を呼び『日本一バズる女子アナ』と言われ、『ヤングマガジン』や『ヤングジャンプ』という週刊青年誌の表紙の座も射止めました。 テレビ朝日は近年、自局のアナウンサーにSNSやYouTubeをバズらせるインフルエンサーの役割も求めていました。そこに三谷アナがキレイにはまったという形です。本人はいたって健康です」「激やせ」への心配の声が広がることまで含めて、三谷アナのバズらせる“作戦”だったのかもしれない。
2022.05.27 16:00
NEWSポストセブン
竹内由恵、中野美奈子、内田恭子
民放5局+NHK「女子アナ300人」出身大学ランキング
 会社員でありながら、芸能人と同等の人気を集める女子アナたち。就職活動における倍率は果てしなく高いが、学歴とどれだけ関係があるのか? 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏の協力のもと、1980年代~2020年までの主要女子アナを中心に、民放キー局5局とNHKの300人の学歴を集計。女子アナの出身校について、人数が多い順に並べてみた。(名前の後の数字は入社年度)●1位 慶應義塾大(87人)【NHK】兼清麻美 1991石井麻由子 1994久保純子 1994與芝由三栄 1998鎌倉千秋 2001江崎史恵 2002久保田祐佳 2005上條倫子 2007田中泉 2010赤木野々花 2013井田香菜子 2013上原光紀 2013保里小百合 2013石橋亜紗 2014星麻琴 2014副島萌生 2015中川安奈 2016山内 泉 2017野口葵衣 2018吉岡真央 2018川口由梨香 2019姫野美南 2019岩崎果歩 2020佐藤茉那 2020嶋田ココ 2020【日本テレビ】井田由美 1980大島典子 1982魚住りえ 1995柴田倫世 1998山下美穂子 2000小野寺麻衣 2000鈴江奈々 2003脊山麻理子 2004水卜麻美 2010徳島えりか 2011郡司恭子 2013中島芽生 2013岩本乃蒼 2014佐藤梨那 2017岩田絵里奈 2018【テレビ朝日】原麻里子 1981山口容子 1984渡辺由佳 1987篠田潤子 1989大下容子 1993高橋真紀子 1995萩野志保子 1996河野明子 2001松尾由美子 2002大木優紀 2003前田有紀 2003本間智恵 2008竹内由恵 2008弘中綾香 2013桝田沙也香 2016住田紗里 2018【TBS】戸田恵美子 1987福島弓子 1989秋沢淳子 1991長岡杏子 1994小川知子 1995外山恵理 1998青木裕子 2005新井麻希 2005宇内梨沙 2015近藤夏子 2019野村彩也子 2020【テレビ東京】槇徳子 1991末武里佳子 1997前田海嘉 2007秋元玲奈 2008紺野あさ美 2011角谷暁子 2017【フジテレビ】松尾紀子 1983永麻理 1985宇田麻衣子 1997内田恭子 1999中野美奈子 2002斉藤舞子 2004遠藤玲子 2005平井理央 2005秋元優里 2006田代優美 2006松村未央 2009細貝沙羅 2010小澤陽子 2015渡邊渚 2020●2位 早稲田大(44人)【NHK】山根基世 1971杉浦圭子 1981畑恵 1984北郷三穂子 2001森山春香 2001小郷知子 2002小林千恵 2002荒木美和 2004與那嶺紗希子 2005寺門亜衣子 2008三輪秀香 2008近江友里恵 2012宮本真智 2019道上美璃 2020【日本テレビ】薮本雅子 1991馬場典子 1997杉上佐智枝 2001宮崎宣子 2002古閑陽子 2005松尾英里子 2006滝菜月 2016市來玲奈 2018石川みなみ 2020【テレビ朝日】宮嶋泰子 1977下平さやか 1995山本雪乃 2014佐藤ちひろ 2020【TBS】見城美枝子 1968吉川美代子 1977広重玲子 1996【テレビ東京】佐野真由美 1964森本智子 2000須黒清華 2007【フジテレビ】益田由美 1977八木亜希子 1988菊間千乃 1995森本さやか 2001石本沙織 2003長野翼 2003竹内友佳 2011宮澤智 2012三上真奈 2013宮司愛海 2015鈴木唯 2016●3位 上智大(41人)【NHK】塚原愛 2000松村正代 2004中村慶子 2005杉浦友紀 2006片山千恵子 2008森下絵理香 2015川崎理加 2016荒木さくら 2019【日本テレビ】菅家ゆかり 1981深堀恵美子 1983米森麻美 1989松本志のぶ 1992小熊美香 2008【テレビ朝日】雪野智世 1986佐藤紀子 1990森川夕貴 2016【TBS】三雲孝江 1977牧嶋博子 1983有村美香 1990豊田綾乃 1999出水麻衣 2006古谷有美 2011上村彩子 2015田村真子 2018【テレビ東京】川島真理子 1971八塩圭子 1993倉野麻里 2002大橋未歩 2002【フジテレビ】三竹映子 1984長野智子 1985阿部知代 1986河野景子 1988木幡美子 1989田代尚子 1989西山喜久恵 1992平松あゆみ 1993島田彩夏 1998政井マヤ 2000内田嶺衣奈 2013新美有加 2015佐久間みなみ 2020●4位 立教大(27人)【NHK】野際陽子 1958加賀美幸子 1963礒野佑子 2002【日本テレビ】南村幸 1963斉木かおり 1986鈴木君枝 1987豊田順子 1990町亞聖 1995斉藤まりあ 2000【テレビ朝日】坪内純子 1981佐藤仁美 1984川瀬眞由美 1985久保田直子 2005宇賀なつみ 2009【TBS】香川恵美子 1988小笠原保子 1989山田愛里 2002小林由未子 2013伊東楓 2016良原安美 2018【テレビ東京】塩田真弓 1999相内優香 2008福田典子 2016【フジテレビ】小田多恵子 1985中村江里子 1991戸部洋子 2003本田朋子 2006●5位 青山学院大(25人)【日本テレビ】河合彩 1999森麻季 2003河出奈都美 2019【テレビ朝日】田中真理子 1988岡田洋子 1992市川寛子 2003堂真理子 2004小川彩佳 2007久冨慶子 2012紀真耶 2015【TBS】小林麻耶 2003江藤愛 2009田中みな実 2009皆川玲奈 2014日比麻音子 2016山本里菜 2017【テレビ東京】松丸友紀 2004竹崎由佳 2017【フジテレビ】松田朋恵 1985木佐彩子 1994梅津弥英子 2000滝川クリステル 2000三田友梨佳 2011久慈暁子 2017井上清華 2018●6位 東京大(22人)【NHK】上安平洌子 1971迫田朋子 1980小野文恵 1992高井真理子 1992高橋美鈴 1994島津有理子 1997膳場貴子 1997藤井まどか 2007小正裕佳子 2009和久田麻由子 2011澤田彩香 2013中山果奈 2014堀菜保子 2017安藤結衣 2018【日本テレビ】山本舞衣子 2002【テレビ朝日】曽根かおる 1986丸川珠代 1993【TBS】有村かおり 1983岡村仁美 2005篠原梨菜 2019【フジテレビ】佐々木恭子 1996藤本万梨乃 2019●7位 法政大(20人)【NHK】古野晶子 2003鈴木奈穂子 2004雨宮萌果 2011千葉美乃梨 2012是永千恵 2017【日本テレビ】加藤明美 1984久野静香 2012【テレビ朝日】野村華苗 1994龍円愛梨 1999池谷麻依 2015三谷紬 2017【TBS】堀井美香 1995宇賀神メグ 2018【テレビ東京】黒田多加恵 1994家森幸子 1995大竹佐知 2006白石小百合 2010【フジテレビ】小島奈津子 1992関戸めぐみ 1993川野良子 2006●8位 日本女子大(18人)【NHK】首藤奈知子 2003渡邊佐和子 2006浅田春奈 2019【日本テレビ】後呂有紗 2017【テレビ朝日】迫文代 1981上田結香 1985村上祐子 2001下村彩里 2019【TBS】林みなほ 2012笹川友里 2013【テレビ東京】茅原ますみ 1987田口惠美子 1991植田萌子 2011西野志海 2016【フジテレビ】大坪千夏 1990杉浦広子 1995松尾翠 2006山本麻祐子 2006●9位 東京女子大(17人)【NHK】須磨佳津江 1972伊東敏恵 1996内藤裕子 1999中村愛 2005出田奈々 2006宮崎あずさ 2018【日本テレビ】石川牧子 1970鷹西美佳 1985西尾由佳理 2001佐藤真知子 2016【TBS】海保知里 1999【テレビ朝日】野崎由美子 1981野村真季 1998【テレビ東京】宮崎絢子 1964森香澄 2019池谷実悠 2019【フジテレビ】高橋真麻 2004●10位 聖心女子大(16人)【NHK】中條誠子 1996浅野里香 2016【日本テレビ】木村優子 1983河本香織 1997杉野真実 2012忽滑谷こころ 2020【テレビ朝日】南美希子 1977川北桃子 1997上山千穂 1998林美桜 2017【テレビ東京】亀井京子 2005【フジテレビ】寺田理恵子 1984岩瀬恵子 1986大橋マキ 1999千野志麻 2000椿原慶子 2008以下、11位以下はこちら。11位 お茶の水女子大/学習院大 13人13位 津田塾大/東京外国語大 11人15位 成蹊大学/成城大学 9人17位 明治大 7人18位 京都大/国際基督教大/フェリス女学院大 6人21位 神戸女学院大/東洋英和女学院大 4人23位 大阪大/筑波大/明治学院大/横浜国立大 3人取材・文■河合桃子※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号
2020.11.20 07:00
週刊ポスト
【動画】テレ朝・三谷紬アナ、初グラビアに挑戦 写真6枚
【動画】テレ朝・三谷紬アナ、初グラビアに挑戦 写真6枚
 テレビ朝日の三谷紬アナが初めてのグラビアに挑戦しました。現在、テレ朝のYouTubeチャンネルの企画でダイエット中という三谷アナ。自身が出演する『やべっちF.C.』でのワンピース姿に妊娠疑惑が浮上して一念発起しました。三谷アナは「番組でお世話になっている矢部浩之さんには“三谷のグラビア?いらん”と言われそう。ぜひイジってほしいです」とコメント。ヨガをする健康的な姿から真っ白の衣装に身を包んだ可愛らしい姿まで公開しています。
2020.08.07 07:00
NEWSポストセブン
テレ朝・三谷紬アナ、前向きになれたのは「YouTubeのお陰」
テレ朝・三谷紬アナ、前向きになれたのは「YouTubeのお陰」
 テレビ朝日のユーチューブ公式チャンネル「動画、はじめてみました」でダイエットに挑戦している三谷紬アナ。『やべっちF.C.』でのワンピース姿に妊娠疑惑が浮上して一念発起し、「10キロ痩せてウエディングドレスでお見合い写真撮影」を目標に減量を始めた。「まだ4キロ減でウエディングドレスには程遠いですが、今回の白い衣装の撮影ではお見合い写真の練習の気持ちで“男性はどんな笑顔が好みかな”なんて考えていました(笑い)。番組でお世話になっている矢部(浩之)さんには“三谷のグラビア?いらん”と言われそう。ぜひイジってほしいです」 汗だくの筋トレも厭わない素の姿が親近感を与え、初回の動画は155万回再生を超える人気。気さくな人柄が人々の心を掴んでいるが、内面をさらけ出すことはダイエットを公開するよりも不安だったという。ユーチューブのお陰で自分を全てさらけ出せた「がちゃがちゃした性格なので、家族や友人に“それでアナウンサーをやっていけるの?”といつも心配されていたんです。私としても地を出したら皆さんの信頼を得られないのではと思うと怖くて、自分をセーブしがちでした。ですがユーチューブで密着されるうちにいつのまにか、全裸になるぐらい自分をさらけ出してしまって(笑い)。視聴者の皆さんが好意的に受け止めてくれて、両親も喜んでいます。劣等感も含めてこれからは等身大の自分でアナウンサーとして頑張ろうと前向きになれたのも、ユーチューブのおかげです」 その体当たり精神は担当番組『ABEMA的ニュースショー』でも発揮される。「催眠術で苦手なものに挑む企画で絶叫マシンに乗せられたり、ゲテモノを食べさせられたり。私のキャラクターをうまく料理していただいています。まだまだ実力も技量も不足しているので今の自分を最大限に活用して、できることは全力で取り組んでいきます!」●みたに・つむぎ/千葉県出身。法政大学社会学部卒。家族揃ってサッカーが好きでサッカーに携わる仕事をしたいと志し、アナウンサーとして2017年にテレビ朝日入社。担当番組は『やべっちF.C.』『ABEMA的ニュースショー』など。撮影■熊谷貫 取材・文■渡部美也※週刊ポスト2020年8月14・21日号
2020.08.06 07:00
週刊ポスト
テレ朝女子アナ黄金期、3トップ弘中、三谷、斎藤の八面六臂
テレ朝女子アナ黄金期、3トップ弘中、三谷、斎藤の八面六臂
 テレビ局ではニュースからバラエティまで多くの女子アナが活躍しているが、最近、局アナの中でも活躍が目立つのがテレビ朝日だ。テレ朝女子アナの活躍ぶりと、同局の戦略についてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * かつて女子アナと言えば、1980年代から人気アナウンサーが次々に現れ「女子アナ王国」と呼ばれたフジテレビや、「好きな女性アナウンサーランキング」殿堂入りの水卜麻美アナを中心とした日本テレビのイメージがありましたが、現在最も勢いがあるのはテレビ朝日。 昨春に『報道ステーション』の小川彩佳アナ、『羽鳥慎一モーニングショー』の宇賀なつみアナが相次いで退社し、昨秋にも局内屈指の人気を誇った竹内由恵アナが退社するなど、人材難を指摘する記事もありましたが、わずか1年弱でV字回復を果たしているのです。 テレビ朝日の女子アナは、なぜ巻き返すどころか、黄金期を迎えようとしているのでしょうか。その理由を掘り下げていくと、中心となる若き3トップの存在と、彼女たちを生かす戦略が浮かび上がってきました。◆バラエティ、YouTube、元アイドル テレビ朝日の若き女子アナ3トップは、バラエティ女王の弘中綾香アナ(29歳)、ネット動画でバズりまくる三谷紬アナ(26歳)、元アイドルで朝の顔となった斎藤ちはるアナ(23歳)。 弘中アナは『激レアさんを連れてきた。』での自由奔放な進行で人気に火がつき、昨年8月には局の垣根を越えて『弘中綾香のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)、今年1月にも『新春TV放談』(NHK)に出演。毎年12月に発表される「好きな女性アナウンサーランキング」でテレビ朝日初の1位に輝き、人気絶頂のフリーアナ・田中みな実さんとタッグを組んだ『あざとくて何が悪いの?』が昨年9月、今年4月、さらに第3弾の放送が決定しています。公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』ではコスプレや美容企画に挑むなど、その勢いはとどまるところを知りません。 三谷アナは「今年最もネット上で話題を集める女子アナ」に急浮上。公式YouTubeチャンネル内のコーナー「三谷紬アナが本気で10kgダイエットしたら!?」の第1話がいきなり150万回再生を突破して話題をあつめました。動画で見せる飾らない素顔も好評で男女を問わず支持を集めるなど、テレビ以外のメディア出演も急増中。地上波の番組以外から誕生した新時代のスター女子アナとなりつつあります。 2年前まで乃木坂46のアイドルだった斎藤アナは、昨春の入社早々『羽鳥慎一モーニングショー』の2代目アシスタントに大抜てき。「宇賀なつみアナの後任」というプレッシャーがありながらも、清楚な佇まいと落ち着いた進行で、早くも視聴者の信頼を得ています。さらに、公式YouTubeチャンネル内のコーナー「斎藤ちはるの今でしょフィットネス!」でステイホームの浸透に貢献したほか、乃木坂46の『シンクロニシティ』を踊った動画が100万回再生を突破しました。◆「生放送の経験が豊富」という強み 3人の足取りを振り返ると、弘中アナは入社後から一貫して『ミュージックステーション』『激レアさんを連れてきた。』『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』などバラエティの万能選手として活躍。三谷アナは『やべっちFC』やサッカー日本代表戦などのスポーツ番組とABEMAのニュース番組で力をつけてきました。斎藤アナは入社直後から帯番組の『羽鳥慎一モーニングショー』に出演しているほか、今春から『林修の今でしょ!講座』で進行役に就任するなど、着実に活躍の幅を広げています。 三者三様の足取りで人気を得ているところが黄金期の到来を感じさせますし、「入社まもない段階から能力や適性を踏まえて積極的に起用していく」という方針が貫かれているのでしょう。さらに、他局よりYouTubeチャンネルやABEMAなどのネットコンテンツに力を注いでいることも、若手女子アナたちの活躍を後押しする要因となっています。 3人の共通点は、ネットを最大限に活用していることと、弘中アナが『ミュージックステーション』、三谷アナが『やべっちFC』、斎藤アナが『羽鳥慎一モーニングショー』と生放送番組の進行を担当していること。「基本的に原稿を読むだけ」のニュース番組では得られない生放送の臨場感や難しさを経験していることは強みであり、だからYouTubeの企画にも自然体で向き合えるのかもしれません。 その他では、『大下容子ワイド!スクランブル』の大下容子アナ、『スーパーJチャンネル』の林美沙希アナという昼と夜の顔も健在。ただその一方で、朝の『グッド!モーニング』は新井恵理那アナ、夜の『報道ステーション』は徳永有美アナ、土曜の『サタデーステーション』は高島彩アナ、日曜の『サンデーステーション』は長野智子アナとフリーを起用しています。これらの番組が自局のアナウンサーで埋まるようになれば、黄金期が本格化していくのではないでしょうか。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2020.06.27 07:00
NEWSポストセブン
鷲見玲奈、三谷紬、杉浦友紀… 見事なスタイルの局アナ達
鷲見玲奈、三谷紬、杉浦友紀… 見事なスタイルの局アナ達
 今や女子アナが胸を強調する服を着たり、胸のカップ数について語ることも珍しくない時代。才色兼備の象徴である彼女たちは、男性だけでなく女性も魅了する存在だ。抜群のスタイルを持つ局アナたちを紹介しよう。◆写真/ロケットパンチ※週刊ポスト2019年11月22日号
2019.11.13 16:00
週刊ポスト
【動画】鷲見玲奈、三谷紬、杉浦友紀…見事なスタイルの局アナ写真5枚
【動画】鷲見玲奈、三谷紬、杉浦友紀…見事なスタイルの局アナ写真5枚
こちらは、テレビ東京の鷲見玲奈アナ。週刊ポストが、見事なスタイルの女子アナを特集しています。テレビ朝日からは、ブルーの衣装の三谷紬アナ。NHKの杉浦友紀アナは黒のスーツでカチッとした雰囲気。フジテレビの藤本万梨乃アナはピンクのTシャツ姿で素敵な笑顔を見せています。最後に、日本テレビの尾崎里紗アナ。女性らしいブラウス姿でとても可愛らしいですね。
2019.11.13 16:00
NEWSポストセブン
女子アナが体のラインを強調した服で出演するようになった訳
女子アナが体のラインを強調した服で出演するようになった訳
 視聴者からすればタレントのように見える女子アナたちの世界に、ある“変化”が起こっているという。 たとえば、この6月に『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)は、大きくワキの空いたノースリーブ姿で登場し話題となった。ほかにも、テレビ朝日の三谷紬アナ(25)は、『やべっちFC』出演時に大きな胸が強調されるようなシーンも放送されている。 三谷アナは入社3年目だけに、今後活躍の場を広げていくことになるだろうが、その人気ぶりは、テレビ業界の“定説”に反するものだ。ベテランテレビマンが話す。「“セクシー系アナは人気が出ない”とこれまではテレビ界で言われてきた。そもそも、“女子アナ”という存在が確立されたのが1980年代の初めくらい。その頃はとにかく知性やアナウンス技術が重視されていて、胸が目立つようなセクシーさを出そうものなら、女性視聴者から嫌われると考えられていた」 そこから、“女子アナと胸”の関係は変わっていく。1990年代にアイドル化がすすみ、女子アナの主戦場がバラエティ番組に移った。コスプレをしてアイドルのように歌い、男性視聴者を魅了した。その頃は女子アナのスタイルも“武器”になった。「でも、それはただ女子アナを消耗品として扱っているに過ぎず、年を取れば“サヨナラ”。『30歳定年説』が囁かれるようになったことで、当の女子アナたち自身が“ビジュアルを売りにすれば、自分たちの賞味期限を早めるだけ”だと気付いた。それからは、たとえ巨乳でも、それをひた隠しにしようとする時代が長く続いた」(別のテレビ局員) 胸が小さく見えるよう小さめのブラジャーをつけ、お辞儀しても谷間が見えないよう、胸元と衣装の裏地をガムテープでくっつけるのは当たり前。〈局アナ時代はぶりっ子というイメージがあったから、胸まで強調されてしまったらアナウンサーとしての清潔感が保てないと思っていました。(中略)とにかく胸を小さく見せたくて、3年間ぐらいサラシを巻いて胸を潰していたんです〉 2014年にフリー転身した元TBSの田中みな実アナ(32)は、2017年に『anan』のインタビューでそう告白したこともあった。 だが最近では、冒頭の小川アナや三谷アナを始め、杉浦友紀アナ(36、NHK)、桑子真帆アナ(32、NHK)、水卜麻美アナ(32、日本テレビ)、鷲見玲奈アナ(29、テレビ東京)、宇賀なつみアナ(33、フリー)といったアナたちが、各局の看板番組を背負い、胸元を強調した衣装で画面に登場する。「一歩引いてニコニコ笑っているのではなく、バラエティでは芸人のフリに即座に切り返し、報道では自分の考えをハッキリ述べるなど、アナウンサーとしての度量や技術が評価されるようになった。共通するのは、男性に媚びない姿勢。彼女たちからは“胸が大きいことは悪いことじゃない”“これが私のスタイル”といった自立した強さを感じます。そういった女子アナたちは、ふくらみを強調する服を着ようが関係ない時代になった」(同前) 女子アナの活躍するフィールドが広がったことで「小さく見せなければならない」といった定説が変わったようだ。 半面、女子アナたちの間では“新たな常識”が浸透しつつあるという。「巨乳は隠さなくてもいいけど、“胸の谷間は見せてはいけない”というもの。谷間が見える衣装を着たり、見せつけるような仕草をしたら、やはり“女を売りにしている”と思われ、女性視聴者が一気に離れてしまうという危機感があるようです」(同前) 様々な葛藤を“胸”に抱え、女子アナたちは今日もカメラの前に立つ。写真■ロケットパンチ※週刊ポスト2019年7月12日号
2019.07.02 07:00
週刊ポスト
テレ朝三谷紬アナ 大胆衣装で小川彩佳アナより注目集める
テレ朝三谷紬アナ 大胆衣装で小川彩佳アナより注目集める
 この6月に『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)。6月25日の放送で、大きくワキの空いたノースリーブ姿で登場した。本誌・週刊ポスト6月28日号で報じた通り、女子アナたちの「ワキ見せ大戦争」は夏本番が近づくにつれより激しさを増している。 そうした大胆衣装において、小川アナより注目を集める“逸材”がいる。テレビ朝日の三谷紬アナ(25)だ。 入社1年目の2017年から『報道ステーション』のお天気キャスターを務め、現在はサッカー番組『やべっちFC』やネット番組『Abema的ニュースショー』(AbemaTV)のサブMCなどを担っている。「彼女の何がスゴイって、なんと言っても“デカい”んです。『やべっちFC』は体を動かすロケも多いんですが、推定Fカップとも言われるバストが揺れる揺れる。一度リフティングに挑戦したときには、サッカーボールが3つあるような感じでした。 男性視聴者の人気はもちろん、体当たり取材でも嫌な顔せずレポートする姿に、女性視聴者からの支持もある」(女子アナウォッチャー)※週刊ポスト2019年7月12日号
2019.07.01 16:00
週刊ポスト
テレ朝久冨アナ 元日本代表と結婚で「近すぎる」悩ましさ
テレ朝久冨アナ 元日本代表と結婚で「近すぎる」悩ましさ
 現在、開催中のサッカーW杯では、世界各国の代表たちが熱い戦いを繰り広げているが、テレビ局の女子アナたちの「負けられない戦い」も見逃せない。 テレ朝では、『やべっちFC』を担当する竹内由恵アナ(32)、法政大学在学中にはサッカーサークルで監督補佐を務めた経歴を持つ三谷紬アナ(24)などが存在感を発揮しているが、『報ステ』のキャスター経験からか、小川彩佳アナ(33)や現『モーニングショー』の宇賀なつみアナ(32)もサッカー知識はなかなかのもの。「他局と比べても層が厚い」(テレ朝社員)という。 中でも、一番“ツウ”なのは久冨慶子アナ(29)だ。「竹内とともに『やべっちFC』を担当しており、番組がきっかけで元日本代表FWの大津祐樹(28・横浜Fマリノス)と結婚した。現役選手の妻だから知識は人一倍ですが、“近すぎる”ゆえに重要なポジションを任せられないのが悩ましい」(同前)※週刊ポスト2018年7月6日号
2018.06.28 07:00
週刊ポスト
テレ朝三谷紬アナ 関係者も目を丸くした衝撃の胸トラップ
テレ朝三谷紬アナ 関係者も目を丸くした衝撃の胸トラップ
 4年に1度のサッカーワールドカップは女子アナにとっても大きなチャンス。テレビ朝日はサッカー通が多くスタメン争いも熾烈だ。W杯関連番組では『やべっちFC』を担当し、スポーツ中継の実績も豊富な竹内由恵アナ(32)がメインを務めることが多いのだが……。「最近“心なしか元気がない”と噂になっている。バスケット選手の田臥勇太と破局報道が出たことも関係しているのかも」(テレ朝社員) そんなエースの“不調”を横目に、今回のW杯で存在感を高めているのが若手の三谷紬アナ(24)だ。法政大学在学中にはサッカーサークルで監督補佐を務めた経歴の持ち主。「欧州の有名クラブの戦術まで語る“オタク”だそうです。推定Fカップの巨乳でも注目されていて、W杯予選の関連番組でサッカーをプレーした際には、胸トラップのたびにゆさゆさとバストが揺れて、スタッフが目を丸くしていた」(別の番組スタッフ)※週刊ポスト2018年7月6日号
2018.06.27 16:00
週刊ポスト
日テレ新人・佐藤梨那アナは大食漢 水卜アナ風の食レポ期待
日テレ新人・佐藤梨那アナは大食漢 水卜アナ風の食レポ期待
 4月になり、新しい年度が始まった。フレッシュな新人が街に溢れる時期だが、TVウォッチャーが気になるのは、初々しい新人の女子アナたち。今年はどんな新人が入社したのか。 テレビ朝日に入社したのは三谷紬(みたに・つむぎ)。入社式の挨拶で、珍しい名前の由来について「実家が呉服屋を営んでいるから」と明かしている。三谷は法政大学社会学部を卒業。女性ファッション誌『ar』のモデルや美容室のカットモデルを経験するなどメディア露出も多い。在学中には入学式や卒業式の司会も務めた。 中野美奈子、青木裕子、竹内由恵らを輩出してきたミス慶應。今年はテレビ東京に角谷暁子(かどや・あきこ)を送り込んだ。角谷は東京都出身で、慶應義塾大文学部を卒業。在学中には「ミス慶應2014」に輝いている。 能や歌舞伎などの伝統芸能を好みながらも、大学時代はダンスサークルでヒップホップダンスに励んだ。「目標は安藤優子」と公言する報道志望で、ポスト大江麻理子を目指す。『ワールドビジネスサテライト』で彼女の姿を見る日が来るか。 王者・日本テレビ期待の星は佐藤梨那(さとう・りな)。角谷と同じく慶應出身だが、こちらはミスコンとは無縁の体育会系。埼玉県出身で、慶應大学の法学部を卒業している。小中高大とバレーボールに打ち込み、ポジションはセンターを務めた。「友人たちの間では大食漢で通っている」(同級生)といい、ミトちゃんばりの食レポを期待したい。 ちなみに、国民的アイドルグループからも女子アナが誕生。元AKB48・中村麻里子が、関西では「阪神タイガースとアニメの局」として知られるサンテレビジョンに入社した。中村は千葉県出身で明治学院大学を卒業。3月までAKB48に所属。総監督の横山由依や“ぱるる”こと島崎遥香と同期だ。総選挙では選抜入りできなかったが、女子アナ界で“下克上”を果たすか!?※週刊ポスト2017年4月21日号
2017.04.11 16:00
週刊ポスト

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン